セバスチャン・ブエミ FIA 世界耐久選手権 富士スピードウェイ
トヨタのセバスチャン・ブエミが、WEC 富士6時間レースのピットでコックピットに座ったまま爆睡している動画が公開されて話題を呼んでいる。

13日(金)、富士6時間レースが開幕。天候は生憎の雨となり、フリー走行2回目は約50分間中断された。そんな中、無線チェック中にセバスチャン・ブエミはコックピット内でいびきをかいて爆睡。時差ボケとプロモーションイベントの疲れかまったく起きる気配はない。

公開された車載カメラでは、チームメイトの小林可夢偉が近づいて茶化し、最終的にアンソニー・デビッドソンがマシンを叩いてブエミを起こしている。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ | WEC (FIA世界耐久選手権)