セバスチャン・ブエミ
レッドブルは、2013年もセバスチャン・ブエミがリザーブドライバーを継続することを発表した。

2011年末にトロ・ロッソのシートを喪失して以降、セバスチャン・ブエミはレッドブルのリザーブドライバーを務めてきた。

セバスチャン・ブエミは、シミュレーター作業を実施しつつ、必要であればセバスチャン・ベッテルもしくはマーク・ウェバーの代役を務める。

「レッドブルのみんなことは良く知っているし、もう1年チームに残れるのは良いことだ」

「もちろん、目標は再びレースで走ることだけど、まだ常にチームとの作業から学んでいる」

「シーズンを通して、ファクトリーとレースの両方で、マシン開発の手伝いとフィードバックの提供をしていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: セバスチャン・ブエミ | レッドブル