F1代表、フェルスタッペンとハミルトンの危険な対立は懸念せず
F1の会長兼CEOを務めるステファノ・ドメニカリは、2021年シーズインのタイトル争いで危険で物議を醸す対立に変わる可能性を心配はしていないと語る。

F1レースディレクターを務めるマイケル・マシは、トト・ヴォルフとクリスチャン・ホーナーがシルバーストンで行ったように、グランプリ中にチーム代表がスチュワードに個人的にアピールすることを禁じた。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1のトト・ヴォルフの行動への対抗措置としてスチュワードのところに向かっただけだと語る。

「16年半の間、私はチームプリンシパルを務めてきたが、レースやセッションの最中にスチュワードルームに足を踏み入れたことは一度もなかった」とクリスチャン・ホーナーは語り、テレビのフィードでトト・ウォルフがスチュワードに向かって歩いているのを見たと述べた。

「それで、私は我々のどちらもそこにいるべきではなく、意思決定プロセスが進行している間、誰かが干渉することは適切ではなかったという点を提起した」

「スピーティングコードでもこういったことが受け入れられないことは詳述されており、今後、FIAがこの種のロビー活動を許容しないことを明確にしてくれたことを嬉しく思う」

F1イギリスGPでの事故が、ルイス・ハミルトンのアグレッシブなドライビングに起因し、チャンピオンシップリーダーのマックス・フェルスタッペンがクラッシュで51Gの衝撃を受けて短い入院をしたことから、ステファノ・ドメニカリが2021年のタイトル争いの方向性について神経質になっても許されるかもしれない。

だが、ステファノ・ドメニカリは「どんでもない」と La Gazzetta dello Sport に語った。

「主人公の彼らが優位性を示したいと思うチャンピオンシップを見ることができてうれしく思っている」

「この種のスポーツの緊張関係があるのはゲームの一部だ。我々が話しているのは、非常に感情的な瞬間にも対処できるチームとドライバーだ」

「もちろん、最後のコーナーまで激しいレースが行われ、あのようなエピソードが二度と起こらないことを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン