シルバーストン F1イギリスGP
シルバーストンのマネージングディレクターを務めるリチャード・フィリップスは、F1イギリスGP開催の長期契約の締結に近づいていると語る。。

バーニー・エクレストンは、契約締結の期限を12月9日(水)に設定しており、ドニントン・パークでのグランプリ開催計画が復活する余地も残している。

しかし、リチャード・フィリップスは、シルバーストンでF1イギリスGPを開催する契約の締結が近づいていることを“BBC Radio Northampton”で明かした。

「大きな妨げがあるとは思わない。契約の最終的な詳細を確認している段階だ。「来年はシルバーストンが主催すると確信している」

契約が遅れていることについてフィリップスは、長期的で「ハイレベル」な合意を目指す際には、慎重に進める必要があると説明した。

「確認すべき多くの詳細がある。ミスをすれば、長い間後悔することになる」

「早急にハイレベルな合意を結ぶことはできるが、細かいところに悪魔は潜むもの。かなり近いところまで来ている」

「我々は最低でも10年、もしくは10年以上の契約を希望している」と語るフィリップスは、2011年のレースまでには新しいピットとパドックの施設が使えるようになることを示唆した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1イギリスGP