F1:シルバーストーン、コース逆走を含めた複数のレース開催に視野
F1イギリスGPを開催するシルバーストーンは“何らかの形”でF1を支援することを望んでおり、2020年のF1世界選手権が開催した場合、複数回のレースを開催することにオープンな姿勢をみせている。

新型コロナウイルスの世界的な大流行により、2020年のF1世界選手権は開幕の目途が立っていない。すでに最初の8戦は延期・中止となり、それ以降のレースも開催時期は不透明となっている。

現時点で新しいシーズン開幕の日程は不明だが、F1上層部は安全性が確認されればすぐにでもチャンピオンシップを開始したいと考えており、来年1月までまたがる日程を含めて15~18戦の開催を目標にしている。

今週、FIA(国際自動車連盟)が公表したレギュレーションの微調整では、リバティ・メディアとFIAはチームを含めた投票を実施せずにカレンダーに変更を加えることが可能になった。

シルバーストーン・サーキットのマネージングディレクターを務めるスチュアート・プリングルは「私にできるのは、チャンピオンシップの最大の利益だと彼らが考える何らかの形で彼らとともに取り組みたいと思っていると言うことだけだ」と Sky Sports に語った。

「大部分のチームがサーキットのすぐ近くにいるので、運用的にはかなり容易だ。我々には固定されたインフラがあり、スタッフは大部分で夜に自分のベットで眠るために家に帰ることができる。それが我々が助けることができる方法であるならば、喜んでそうするだろう」

だが、同じサーキットで複数回のレースを開催すると退屈なレースが生まれる可能性もある。そのため、2回目のイベントで5.891kmのトラックを逆に走らせるという案もある。シルバーストーンは現在そうすることを許可されていないが、スチュアート・プリングルはそれを除外することはできないと述べた。

「それほどばかげた考えではない」とスチュアート・プリングルは語る。

「逆方向に走ることは許可されていないが、これらは特別な時期であり、特別な決定がなされていると思う。何も問題はないが、今後4週間の様子を見てみよう」

「F1にとって難しいのは、イギリスで起こっていることだけではなく、世界中で何が起こっているのか、そして旅行の手配をどのように調整する必要があるのかを見ていることだ」

「だが、おそらくそれはそれほど狂った質問ではない」

今週、シルバーストーンは、7月19日に予定通りF1イギリスGPを開催するかどうかを決定する最終期限を4月末に定めた。

だが、F1イギリスGPの1週間前に終了する予定だったテニスのウインブルドン選手権が水曜日に中止されたことを受け、当初の日程で開催する可能性はますます低くなっている。

「(4月中旬から最終期限を延長したのには)2つの理由がある。1番はシルバーストーンが世界選手権の1ラウンドであり、F1の我々の同僚たちは予定よりもはるかに遅りシーズンのスタートをまとめるために信じられないくらい努力していることにある」とスチュアート・プリングはコメント。

「多くの延期と1つの中止があり、彼らはそのカレンダーを協力して作り直そうとしている。我々はその1つの要素であり、F1が世界選手権シーズンをスタートする機会を得られることが重要だ」

「我々はそれをするために必要な時間を彼らに与えることができる。それは我々が固定された会場だからでもある。我々はストリートサーキットとは異なり、固定されたセットアップとインフラがある。我々には信じられないほど経験豊富なチームがいるし、自分たちがやっていることを把握している。そのため、4月にF1と一緒に計画をまとめるために彼らにとって重要な決断を下すことができる」

「我々は常に走行することはできるが、イギリスの夏には走行していたのには理由がある。1年で最も文化的な時間だからだ」

「ウィンブルドン、イギリスGP、オープンゴルフがかなりタイトなウィンドウに挟まれているのは偶然ではない。それはまともな天気の最高のチャンスだからだ。 7月19日の日付が適切かどうかを確認するには4週間かかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1イギリスGP