ブリヂストン(ファイアストン) インディカー
ブリヂストンは、ファイアストンのブランドでのインディカーへのタイヤ供給を2011年シーズン末で終了するとの決定を撤回。少なくとも2年間は留まることを発表した。

ファイアストンは、今月初旬に今シーズン限りでインディカーシリーズからの撤退を発表していたが、2012年から新しいレギュレーションが導入されることもあり、チーム側はファイアストンが留まるよう説得していた。

ファイアストンは11日(金)、2013年までインディカーにタイヤを供給することを発表した。
「先週末、両組織は、長期的な活動を準備するためも将来について決定しなければならない最終期限に達した」とインディカー・シリーズのランディ・バーンハート代表はコメント。

「それは避けられない決断のひとつだった」

「今週前半、我々はチームオーナーにプロセスとを案内し、彼らのインプットを行くために会議を招集していた。ファイアストンと一体になって歩んでいけると言えることに満足している」

「我々は、今回の新しい供給契約が全員にとって利益になると感じている。2012年の完全に新しいマシンに移行するために安全性と信頼性が証明されているファイアストン製品を供給できる。我々のスポーツの長期的な成長に協力するために我々と働いてくれるファイアストンの皆さんに感謝しなければならない」

ファイアストンのモータースポーツ活動を統括するアル・スパイアーは、合意に達したことに満足していると述べた。

「我々はインディカー・シリーズにおける成功の頂点にたどり着いた一方で、2013年までIZODインディカー・シリーズとの関係を拡大し、我々の魅力的なパートナーシップを続けられることを嬉しく思っている」

ただし、今回の新しい契約はインディカーのみのものであり、ファイアストンがタイトルスポンサーとタイヤ供給を行っている下位カテゴリーのインディ・ライツに関しては今シーズン末で撤退する意向だとしている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブリヂストン | インディカー