F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1メキシコGPの決勝レースを12位でフィニッシュ。5秒加算ペナルティによって最終リザルトは14位となった。

14番グリッドからスーパーソフトでスタートしたブレンドン・ハートレーは、1周にフラットスポットを作ったことでピットインしてウルトラソフトに交換する。

そこから11番手まで順位を上げるも、終盤にエステバン・オコンと接触して左側のフロアを破損。ピエール・ガスリーとオコンに抜かれて12位でフィニッシュした。この接触でハートレーには5秒加算ペナルティが科せられ、最終リザルトは14位に降格した。

「スタートはうまく決めることができたと思う。でも、4コーナーに差し掛かったとき、ブレーキ直前にほかのマシンに前方に入られてしまい、ブレーキをロックさせてスーパーソフトタイヤにフラットスポットを作ってしまった。残念なことにそれが原因で1周目でピットに入らなくてはいけなくなってしまった」とブレンドン・ハートレーはコメント。

「そのあとは1ピットストップ戦略でレース残りを順調に走ることができた。タイヤマネージメントもうまくでき、手堅いレースだったと思う。オコンを必死で抑えたときの接触が原因となり、5秒のペナルティーが科されてしまい、とても悔しい結果となってしまった」

「接触によるマシンのダメージとペナルティーがなければ、10番手でレースを終えることも可能だったのではないかと思うし、最初の周回でのフラットスポットさえなければ、マシンのペースもよかったので、さらに上位を狙えたかもしれない。結果が伴わなかったので残念ではあるけど、この週末のマシンの手応えはポジティブに感じた」

関連:F1メキシコGP 結果:フェルスタッペンが優勝、ハミルトンが王座獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | F1メキシコGP