F1 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、チームから“完全なサポート”を受けていないと感じていることを示唆。現状、ハートレーは、来季にアレクサンダー・アルボンと交代することになると報じられている。

ブレンドン・ハートレーは、レッドブルと長期契約を結んでいると主張しているが、まだ2019年のトロロッソ・ホンダのF1ドライバーに関しては、レッドブルに昇格するピエール・ガスリーの後任としてダニール・クビアトが復帰することしか発表されていない。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーのヘルムート・マルコ、トロロッソのチーム代表フランツ・トストは、どちらもブレンドン・ハートレーの将来にコミットしていない。

そして、最近ではF2ドライバーでかつてレッドブルのプログラムを外されたアレクサンダー・アルボンが2019年のトロロッソ・ホンダの最有力候補として浮上。アルボンは日産とフォーミュラE参戦のための複数年契約を結んでいることから、レッドブルと日産との間で交渉が行われていると報じられている。

F1アメリカGPに先立ち、最近の動向について質問されたブレンドン・ハートレーは「何も変わっていないよ」と Autosport にコメント。

「以前にもすでにそう言っているはずだ。僕の観点では、僕には来年の契約がある。レッドブルの他の誰かと話した方がいい」

「もちろん、チーム内での僕のポジションは、シーズンが開幕して3レース後に疑問を呈されていた。かなり不愉快なポジションだった」

「でも、僕はそれによって強くなったと感じている。それ以外のことは僕にはわからない」

「自分の態度を少し変えたのは間違いない。もっと自己中心的なやり方で集中するようになったし、自分の時間を管理するようになった」

「契約という観点で言えば、完全なサポートを得て、自分の仕事に集中できることになっている。でも、F1は必ずしもそのようにはならない」

ブレンドン・ハートレーは、トロロッソ・ホンダが自分に代えてマクラーレンのランド・ノリスを獲得しようとしているとの報道が出て以降、シーズンを通して続く推測にうまく対処してきたと感じていると語る。

「さっきも言ったけど、シーズンの3レース後、長期契約を結んでいるのに自分の直近の将来についての質問に答えなければならないなんて理想的な状況ではない。どんなスポーツマンにとってもね」とブレンドン・ハートレーはコメント。

「でも、僕はそれに対処しなければならなかったし、うまく対処してきたと感じている。自分はとても良いパフォーマンスを発揮できていると感じている。たとえ、望んでいるほど多くのポイントを獲得できていないとしてもね」

「ちょっと不運な状況だったのは間違いない。すべてが同じ条件であれば、間違いなく自分が仕事をできることを示すことができていただろう」

アレクサンダー・アルボンがトロロッソ・ホンダのシートを獲得した場合、ブレンドン・ハートレーは2019年のF1グリッドから姿を消すことになるだろう。

将来、FIA世界耐久選手権(WEC)、そして、ル・マン24時間レースに復帰する可能性について質問されたブレンドン・ハートレーは「そうだね。チームから全面的なサポートを得られれば助けになる。でも、僕は間違いなく強い男になっているし、F1での1年で多くのことを学んだ」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | トロロッソ