F1 ブレンドン・ハートレー ハンガリーGP
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1ハンガリーGPの決勝レースを入賞目前の11位で終えた。

4列目8番手からスタートしたブレンドン・ハートレーは、ポジションを一つ落とし9番手で1周目を終える。6周目に上位の選手のリタイアで8番手に。24周目にピットインし、ミディアムタイヤに交換して13番手でレースに戻る。

ピットイン後に装着したミディアムタイヤでのペースが伸びず、ブレンドン・ハートレーはなかなかポジションを上げることができずに周回を重ねる。終盤、上位の選手のリタイアやピットインなどで11番手に上がったが、入賞圏内目前でフィニッシュとなった。

「予選ポジションがよかっただけに、ポイント獲得できずとても悔しいレースになった」とブレンドン・ハートレーはコメント。

「スタートはよかったけど、ガスリーのインに飛び込むのを避けたため、マグヌッセン(ハース)にポジションを明け渡してしまうこととなった。レース序盤で固めのタイヤを装着していたサインツ(ルノー)の背後でひっかかってしまい、そこから調子が狂ってしまったかと思う」

「ヒュルケンベルグ(ルノー)に合わせたピットインのタイミングは早すぎた上に、装着したミディアムタイヤはベストなパフォーマンスにつながる選択ではなかった。チーム内で作戦を分けたことは理解しているが、僕にはうまく作用しなかったようだ」

「ミスもしなかったし、スタートもうまく決めることができたのにポイントを獲得できず残念だ。しかし、ここ最近苦戦していたチームにとってこのレースでポイントを獲得できたことは喜ばしく、僕もうれしく思っている」

関連:F1ハンガリーGP 結果 | ルイス・ハミルトンが優勝、ガスリー6位入賞

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ブレンドン・ハートレー | F1ハンガリーGP