ロス・ブラウン
ロス・ブラウンは、新生メルセデスGPでもチーム代表の役割を継続する。

突然のホンダF1撤退により、存続さえ危ぶまれたチームを引き継ぎ、ブラウンGPとして両方のタイトルを獲得したロス・ブラウン。

「ブラウンGPは、ここ12カ月間、渡り信じられないような旅をしてきた」とロス・ブラウンは振り返る。


「存続のための戦いから、メルセデス・ベンツ・ハイパフォーマンス・エンジンと力強い関係を確立し、コンストラクターズとドライバーズ両方の世界選手権に勝った。そしてい今、ダイムラーとアーバルへチームのチーム買収の提案を受け入れ、将来を確保している」

「私とブラウンGPのディレクター陣は、スタッフ、ドライバー、そしてこのチームにかかわった全員のことを心から誇りに思っている。彼らの貢献、見事なチームワーク、そして、困難な状況でも結果を残すことに集中してくれたことに感謝している。経営陣グループは、チームの運営に立場に留まる。そして、ブラウンGPの全員を代表して、メルセデス・ベンツのように一流のブランドでF1を戦えることを光栄に思っている。チームに対する彼らの信頼に報いるため、ともに全力を尽くしていくつもりだ」

ブラウンGPとしての歴史はわずか1年で幕を閉じるが、そのサクセスストーリーは、F1の歴史に語り継がれるだろう。

関連:
メルセデスGP誕生!メルセデス・ベンツがブラウンGPを買収

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブラウンGP / メルセデス