アルファロメオF1のバルテリ・ボッタス 「金曜日の問題を解決すればポテンシャルを示せる」
バルテリ・ボッタスは、最近、連続しているプラクティスの故障を避けてクリーンな金曜日を過ごすことができれば、アルファロメオF1がポテンシャルを最大限に発揮できるようになると信じている。

バルテリ・ボッタスは、限られたトラック走行時間によってビルドアップが中断されたにもかかわらず、アルファロメオF1の有望なポイント獲得を続けている。

マイアミではフリー走行1回目でクラッシュしてフリー走行2回目を逃し、スペインとモナコではパワーユニットの問題により、ライバルと比較して後手に回った。

バルテリ・ボッタスは2022年もトップ10フィニッシュを続けており、ポイントを獲得できなかったのはリタイアしたサウジアラビアだけとなっている。

「バクーは僕にとって良い思い出と悪い思い出の両方がある場所なので、今週末はもっと楽しいものを追加したいと思っている」と2018年にレースをリードしていた終了間際のパンクに見舞われ、翌年の2019年に優勝したバルテリ・ボッタスは語った。

「トラブルのない週末を過ごすことができることが非常に重要だ。これまで金曜日の問題にもかかわらず、いくつかの良い結果が得られている。それらを修正すれば、パッケージの完全なポテンシャルを見ることができる」

「それができれば、僕たちは前線に向かって戦うことができることを知っている。そして、それはここでも目標でなければならない」

「ここはカオスなレースを生み出す可能性のあるトラックなので、あらゆる機会を最大限に活用する準備ができている必要がある。とても楽しい日曜日になるかもしれない」

アルファロメオF1は、コンストラクターズチャンピオンシップ5位にアゼルバイジャングランプリの週末に挑むが、アルピーヌF1に対するアドバンテージは現在1ポイントまで減少している。

アルファロメオF1のチーム代表であるフレデリック・ヴァスールは「これまでのところ非常にうまくやっており、達成した結果には満足できるが、週末を最大限に活用するには、すべてのラウンドで懸命に努力し続ける必要があることを分かっている」と述べた。

「モナコでは、マージンが非常に小さいことがわかった。瞬く間にP6からP16になってしまう。これが、我々が本当に鋭く、すべてのセッションのすべてのラップを最大限に活用する必要がある理由だ」

「我々の車がこのトラックに合うことを期待しているが、我々のC42はこれまでのところあらゆる種類のサーキットでうまく機能している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1