バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1は幸せな場所」
バルテリ・ボッタスは、アルファロメオF1のモチベーションと良い職場環境に刺激されており、自分は「幸せな場所」にいると語る。

昨シーズンの終わりにバルテリ・ボッタスはF1で10勝を挙げたメルセデスF1のシートをジョージ・ラッセルに明け渡し、過去2シーズンをミッドフィールド後方で過ごしたアルファロメオF1との新しい挑戦を選んだ。

しかし、F1レギュレーションの変更による2022年のリセットによって、アルファロメオF1は息を吹き返しており、バルテリ・ボッタスの経験と才能と相まってチームは前進し、ボッタスは今シーズンのトップ10候補のレギュラーとして確立している。

これまでのところ、バルテリ・ボッタスは7戦のうち6戦でポイントを獲得しており、イモラでベストリザルトとなる5位入賞を果たしている。

「シーズンの良いスタートが切れた」とバルテリ・ボッタスは語った。

「自分自身の最高のバージョンになり、自分がやりたいように運転できるという意味で、僕は幸せな場所にいる」

「チームの雰囲気はとてもモチベーションが高い。人々もそうだ。彼らが今どれだけ頑張っているかに本当に刺激を受けている

「それはさらなる後押しになっていると思うでも、シーズンの良いスタートだった」

今シーズン、元メルセデスF1のチームメイトであるルイス・ハミルトンとのホイール・トゥ・ホイールの戦いを何度か楽しんだバルテリ・ボッタスだが、アルファロメオF1にはまだ治療が必要ないくつかの弱点があり、事態はさらに良くなる可能性があると考えている。

「明らかに、もっと良くする必要があるものはまだある」とバルテリ・ボッタスは付け加えた。

「僕たちはまだレースのスタートに取り組んでいる。それは素晴らしいものではなかった」

「まだ車の高速安定性に取り組んでいるし、まだ限界ではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1