バルテリ・ボッタス 「アルファロメオF1はベスト・オブ・ザ・レストを争える」
バルテリ・ボッタスは、2022年バーレーングランプリでのアルファロメオF1チームのパフォーマンスは、F1の3強チームの背後で“ベスト・オブ・ザ・レスト”を戦うポテンシャルがあることを示したと考えている。

6番グリッドのバルテリ・ボッタスは、スタートで過度のホイールスピンに悩まされた後、オープニングラップでトップ10圏外に転落した。

それでも、バルテリ・ボッタスはレースを通して挽回を果たし、レース終盤のレッドブル・レーシングのダブルリタイアまでに8番手を走行しており、最終的に6位でチェッカーを受けた。

アルファロメオF1チームは、2019年以来となるベストリザルトを記録。デビューした周冠宇はレッドブルのリタイア後にトップ10に入り、ポイントを獲得した。

「予選でもレースでも6位になると誰かが事前に言っていたら、それを受け取っていただろう」とバルテリ・ボッタスは語った。

「そして、実際、両方の車をトップ10に入れることは、チームが過去数年間に慣れていたよりもはるかに優れている」

「僕たちにとって次のターゲットはハースを倒すことだと思う。彼らは強い車を持っている。まだ、メルセデス、レッドブル、フェラーリは少し離れている」

「少なくとも、現時点で僕たちはほぼベスト・オブ・ザ・レストはにいるし、それは悪い出発点ではない」

バルテリ・ボッタスは、ハースF1チームは「レースでかなり強い」と付け加え、予選では「ケビン(マグヌッセン)に問題がなければ、彼のラップタイムに匹敵することができなかったと思う」と付け加えた。

ケビン・マグヌッセンは、走行計画を混乱させる油圧の問題に苦しんでバルテリ・ボッタスの1つ後ろの7番手で予選を通過したが、決勝では1つ前の6位でフィニッシュした。

アルファロメオF1チームは、ハースF1チームから1ポイント差の9ポイントを獲得してコンストラクターズチャンピオンシップで4位につけている。

アルファロメオ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / アルファロメオF1