バルテリ・ボッタス 「単年オファーならメルセデスF1を離れると決めていた」
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1で5年間を過ごした後、昨シーズン後半にチームをチームを去ることが発表された。ボッタスは、その決定がどのように行われたかについて説明した。

何ヶ月にもわたる憶測の末、2021年9月にバルテリ・ボッタスはシーズン末でメルセデスF1を離れ、2022年から複数年契約を結んでアルファロメオF1に移籍することが発表された。

一方、ルイスハミルトンのチームメイトには、バルテリ・ボッタスに代わってジョージ・ラッセルがウィリアムズF1からステップアップした。

10回のレースウィナーであるバルテリ・ボッタスは、チームから単純に放出を告げられたわけではなく、、彼自身とメルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフとの相互決定として起こったとし、以前と同じように1年契約よりも長い契約を結ぶことができなければ、チームを移籍ことをすでに決定していたと説明した。

「正直なところ、僕たちは合意していたようなものだった」とバルテリ・ボッタスはBeyond The Gridに語った。

「彼が僕に(放出を)告げたわけではない。彼は、ある時点で僕たちが決定を下す必要があることを知っていた。そして、僕はすでにメルセデスと2年以上の契約を得ることができないなら、何か新しいものを求めて出ていくと決心していた」

「そして、それはシンプルなクエスチョンだった。彼は僕に2年以上をオファーできるか? 彼は、ノー、現時点では提供できないと言った。かなりイージーだった」

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1が自分の後任としてジョージ・ラッセルを迎えるという決定に関して、残りのプロセスは非常に有機的に行われたと感じている。ラッセルは2017年からチームのヤングドライバープログラムに参加している。

「明らかに、ジョージをマシンに乗せるのは非常に自然なことだった。彼は長い間チームの一員だったからだ」とバルテリ・ボッタスは説明した。

「新世代であり、それはスポーツが進化している方法でもある。メルセデスは、ヤングドライバープログラムを持っていた。そして、ジョージは長い間その中にいた」

「そして、彼らはその機会を無駄にしたくなかった。彼がまださらに成長しているし、より経験を積んでさらに速くなっている。彼らはその機会を逃したくなかった」

「だから、僕にとって、それはすべて問題ない。僕は本当にハッピーだ」

バルテリ・ボッタスは、2022年に周冠宇とチームを組み、アルファロメオF1はまったく新しいドライバーランナップでF1新時代に臨む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス