F1:バルテリ・ボッタスが苦しんだ“ルーベンス・バリチェロ症候群”
バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1での彼の業績を誇りに思うことができるが、F1ワールドチャンピオンを獲得するという究極の目的を達成することはできなかったことを認める。それは、ルーベンス・バリチェロがフェラーリ時代に経験した立場を自分自身に見つけるかもしれない。

二人の類似点は明らかだ。バルテリ・ボッタスは10勝、67回の表彰台、ルーベンス・バリチェロは11勝、68回の表彰台を獲得した。ただし、ボッタスははるかに短い期間でこれらの称賛を獲得した。

それに加えて、二人はどちらも上位チームでのステータスにふさわしい優れた才能だが、ピーク時にF1史上最も成功した2人のドライバーが支配的な年月に彼らと対峙するほぼ不可能なタスクを最終的に与えられた。

二人ともチームメイトに有利な不当なチームオーダーを発令された。2002年のF1オーストリアGPと2018年のF1ロシアGPがそうであり、ルーベンス・バリチェロとバルテリ・ボッタスは、チームメイトに勝利を譲ることを余儀なくされた。

マーク・ウェバーも、セバスチャン。ベッテルと組んだレッドブルでこの経験をした。彼らのチームメイトは彼らよりもほんの少し速く、より一貫性があった。

バルエリ・ボッタスにとって不幸なことに、メルセデスF1での彼の時間は、最前線での戦い激しさを増してる中で、チームメイトのタイトル獲得をサポートできないパフォーマンスでチームを去ることになったことだ。

今年、ルーベンス・バリチェロは、ほとんどのレースでルイス・ハミルトンに追いつくことができなかった。セルジオ・ペレスもマックス・フェルスタッペンに対して同じ問題を抱えていた言わなければならないが、そのパフォーマンスの不一致は最終的にトト・ヴォルフがジョージ・ラッセルを2022年のシートに起用すように導いた。それでも、実際には、11回表彰台を獲得し、F1トルコGPで勝利を収めたシーズンだった。

バルテリ・ボッタスの結果はh十分だったが、それはやる気の欠如によるものではなかった。2019年に勝利を挙げた際の「ボッタス2.0」は流行語となり、F1ロシアGPの失望を乗り越えていた。その時、開幕5戦で2勝を収め、ランキング2位でシーズンを終えた。最終的には、メルセデスのF1ドライバーとして自身最高の326ポイントを獲得したが、ルイス・ハミルトンは依然として最高の状態であり、年間でアドバンテージを発揮してチームメイトよりも87ポイント多く獲得した。

メルセデスF1での状況が彼の手から滑り落ちた瞬間として、2020年のF1サヒールGPが挙げられる。

新型コロナウイルスに感染したルイス・ハミルトンの代役としてジョージ・ラッセルが抜擢された。マシンはハミルトンのニーズに合わせてセットアップされており、ラッセルはコックピットに収まらないため、小さいサイズの靴を履かなければならなかった。それでも彼はすぐにバルテリ・ボッタスと戦うことができた。

バルテリ・ボッタスは、予選でわずか0.026秒差でポールポジションを獲得したが、ジョージ・ラッセルはスタートでリードを奪い、ピットストップの問題が後退するまで快適にリードしていた。そして、ウィリアムズF1にローン移籍しているメルセデスF1の育成ドライバーは、見事な仕掛けでバルテリ・ボッタスを再びオーバーテイクしてみせた。

初めてのF1マシンで将来のシートを争っているドライバーにそのパフォーマンスを見せつけられたことは、外には表さなかったものの、バルテリ・ボッタスの心を差したことだろう。

そのレースはバルテリ・ボッタスへの圧力をさらに高めるのに役立っただけであり、ジョージ・ラッセルのウィリアムズF1との契約が期限切れになったという事実は、ラッセルを無視することをほとんど不可能にした。

もちろん、バルテリ・ボッタスにも輝かしい瞬間があったが、トト・ヴォルフのつけた悪名高い“ウィングマン”のタグは、彼の抗議にもかかわらず、ボッタスにつきまとうことになった

バルテリ・ボッタスは、F1で10勝以上を挙げた35人のドライバーと一人だ。彼の心には、もっと多くの勝利を達成できたかもしれないという余韻感が残るかもしれない。ボッタス自身もチームを離れることは“複雑な心境”だとい認めている。

バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のチームスタッフの間で明らかに人気があり、盛大な送別会で送り出された。5回連続のF1コンストラクターズチャンピオンシップで重要な役割を果たしたことは見逃せないクオリティだ。

2022年からはアルファロメオF1で彼自身のプロジェクトを構築するチャンスがバルテリ・ボッタスにはある。契約は複数年であり、バルテリ・ボッタスは彼自身の実力でチームを率いるチャンスに値する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / アルファロメオF1