バルテリ・ボッタス、戦略に激怒 「なぜ僕に耳を貸さないのか?」 / F1フランスGP 決勝
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1フランスGPのレース中、無線で『2ストッパーで行こうといったのに、なぜ****は僕に耳を貸さないか?』と声を荒げた。

ほとんどの人が1ストップレースになると予想したF1フランスGPで、バルテリ・ボッタスはスタートポジションである3番手を維持してレースを展開。マックス・フェルスタッペンやチームメイトのルイス・ハミルトンよりも早くにピットストップを終え、再び3番手でレースを進めた。

しかし、バルテリ・ボッタスがチームに2ストップ戦略への切り替えを提案したにも関わらず、チームはそれを実施しなかった。ちなみに2ストップ戦略はマックス・フェルスタッペンが勝利を収めた戦略だtt。あ

結果として、バルテリ・ボッタはレースの終盤でグリップに苦労し、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方にパスされ、2位から4位に落ちた。

レース後、バルテリ・ボッタスは、2ストップ戦略をとっていれば、表彰台だけでなく、マックス・フェルスタッペンと勝利を争う可能性があったと述べた。

「今日の勝利戦略は2ストップだったと思う」とバルテリ・ボッタスは語った。

「後で言うのは簡単だけど、そういうことだ・・・最後の10〜15周はフロントタイヤが残っていなかったので、本当にマシンをホームに持ち帰ろうとしていただけだった」

「最後のスティントは面白くなかった…カモにされているように感じたし、かなり簡単にやられた。もちろん、全力で表彰台を獲得しようとしたけど、タイヤが完全になくなってしまったので、チャンスはなかった」

「もし、2ストップをしていれば、表彰台に立っていたのは確かだし、レースの勝利のために戦っていただろう」「それは確かだ」

バルテリ・ボッタスは4位に満足してはいないものの、少なくとも5月のスペインGP以来となるポイントを獲得し、ドライバーズランキングでP5に返り咲いた。

それでも、チームメイトのルイス・ハミルトンもレース後の記者会見で2ストップ戦略への切り替えればメルセデスの勝利を収めることができたと主張したように、バルテリ・ボッタスは、チームに決勝へのアプローチを検討するよう求めました。

「チームとして、僕たちはそれがベストだと考えた1ストップを完了することに集中しすぎたと思うけど、そうではなかった」とバルテリ・ボッタスは語った。

「今週末は間違いなくまた新たな学習ポイントだ。僕たち気温が低いほどタイヤの耐久性が良くなると思ったけど、そうではなかったし、タイヤの寿命に関する予測は現実と完全には一致していなかったと思う」

・・・だが、メルセデスF1がそうした理由は簡単かもしれない。バルテリ・ボッタスには“ウイングマン”として2ストップで追い上げるマックス・フェルスタッペンを抑える役割があった。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1フランスGP