メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「シート喪失の推測は事実に基づいていない」
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1バドックで渦巻く自分の将来についての憶測は“事実に基づいていない”と反論した。

2021年のF1シーズンが開幕するとメルセデスF1でのバルテリ・ボッタスの運命についての噂がすぐに広まり、多くの専門家居は2022年にジョージ・ラッセルに取って代わられることになると信じている。

メディアによっては、バルテリ・ボッタスは、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフからすでに構想外であることを通知されたとまで報じている。

しかし、バルテリ・ボッタスはそのストーリーを明確に否定した。

「トトとはよく話すをするけど、それは僕たちにとって普通のことだ」とバルテリ・ボッタスは今週末のF1フランスGPに先立って語った。

「最近も僕たちは話したをした。それは普通のことだ。でも、少なくとも、誰も僕にそういったことを伝えてきたとは確認できない。真実ではないし、推測だ」

「事実に基づかないあらゆる種類の憶測があると思う。ページビューを稼ぐためだけに、人々は物語を作り上げようとしている。そんな感じだ」

バルテリ・ボッタスとメルセデスF1の両方が、将来に関する決定を早くに出したいと言う願望を公に表明している。しかし、今のところ、ボッタスの焦点はF1の次のトリプルヘッダーにある。

「もちろん、、周りの騒音を常に遮断できるわけではないし、それは毎シーズン同じことだ」とバルテリ・ボッタスは語った。

「そして、同じ質問と同じ憶測、それはスポーツの一部だ」

「だから、僕がそれについて詳細に答えるのはまだ少し時期尚早だと思う」

「メルセデスとの契約についてはまだ何も話し合っていないけど、そのうちその時期がくる」

「そして、今はとにかくこのトリプルヘッダーに本気で焦点を当てている。ある時点でそれ分かるだろうけど、この時点で言うことはそれほど多くはない」

交渉の結果をどのように予想しているかと質問されたバルテリ・ボッタスは、彼の“直感”は“何も言っていない”という表現をした。

「今の僕の直感は、気を散らす可能性があるので、あまりそれについてあまり考えることを許していない、僕はそれを学んでいる」とバルテリ・ボッタスは語った。

「どこかの時点でその時はくる。今のところ、直感は何も言っていない。レースに勝って、自分が個人的に目指している結果を得たいだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス