メルセデスF1のバルテリ・ボッタス 「シャシーに根本的な欠陥があると考えるのが論理的」
バルテリ・ボッタスが、2022年もメルセデスのF1シートを維持するチャンスはF1アゼルバイジャンGPの悲惨なペースで再び打撃を受けた。

ジョージ・ラッセルが、トト・ヴォルフのドアを大声でノックしている今、バルテリ・ボッタスは、週末のアゼルバイジャンのストリートで“動くシケイン”のように感じたと認めざるを得なかった。

「今週末、何かがひどく間違っていた」と12位でフィニッシュしたバルテリ・ボッタスは語った。

「理由は分からない。でも、これが僕のパフォーマンスのレベルではないことは分かっている」.

「こんな週末を過ごしたことは思い出せない。悪いセッションの週末はあったけど、それでもペースを発揮する瞬間は常にあった。でも、今回はまったくそうではなかった」

バルテリ・ボッタスは、チームメイトのルイス・ハミルトンもバクーで時々苦戦したが、彼の個人的な理論では、彼のシャシーには根本的な欠陥がある考えていると認めた。

「それが少なくとも最も論理的な説明だ」とバルテリ・ボッタスは語った。

しかし、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは確信していない。

ルイス・ハミルトンが金曜日の不調から立ち直り、最終的にほぼ勝利を収めることができた理由を尋ねられたトト・ヴォルフは「違いは、ルイスが難しいマシンでも自信を持っていたことだ」と語った。

また、トト・ヴォルフは、バクーで非常に効果的なスリップストリームを与えるためにルイス・ハミルトンをバルテリ・ボッタスの後ろに配置してボッタスを「犠牲にした」との見方を否定した。

「いいや、バルテリを犠牲にしたわけではない」とトト・ヴォルフは主張した.

「ドライバーは交代で予選に出る順番を選択している。今週末はルイスの番だった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1アゼルバイジャンGP