バルテリ・ボッタス 「主催者はセーフティカーの消灯を作為的に遅らせた」 / F1トスカーナGP
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、F1トスカーナGPで主催者がレースのリスタートをよりエキサイティングなものにしようとしてセーフティカーの灯火を消すのを遅らせたと不満を述べ、F1レースディレクターのマイケル・マシが反論している。

F1トスカーナGPのセーフティカー後のリスタートでは、レースが事実上スタートする前にニコラス・ラティフィ、ケビン・マグヌッセン、アントニオ・ジョビナッツィ、カルロス・サインツの4台がリタイアする接触事故が発生。12名のドライバーに警告処分が下された。

当時、レースをリードしていたバルテリ・ボッタスは、ライバルにスリップストリームを使われることを回避するために、コントロールライン(スタート/フィニッシュライン)までできる限り遅く走行していた。これはレギュレーションで許されている権利だ。

しかし、ムジェロ・サーキットはセーフティカーラインとコントロールラインまでが800mあるという特異なレイアウトとなっており、また、0台分以内の車間距離をあけることが可能になるセーティカーの灯火を消すタイミングが遅れたことが、この多重クラッシュを生んだと考えられている。

バルテリ・ボッタスは「今年の違いはセーフティカーだった。彼らは灯火を消すのをかなり遅らせたので、かなり後半になったからでなければギャップを作ることできなかった」とコメント。

「もちろん、リードしているときは、チャンスを最大化しようとするものだ、そして、僕はそれについて全く責任はないと思っている。誰もが自分たちが欲しいものすべてに目を向けることができる。僕は速度を上げるまで、一貫したスピードで走っていた」

「そうだね、僕はゆっくり走行していたでも、僕たちはコントロールラインからレースを開始する。その前ではなくね。クラッシュした後ろの人たちは、ミラーを見ることができるはずだ。それについて愚痴を言っても意味がない」

「ただ・・・FIAかFOMの誰がセーフティカーで起こっていることを判断しているのかは分からないけど、彼らは灯火を消すのを遅くすることでショーをより良いものにしようとしていたんだと思う。僕たちは早めにギャップを作ることができなかった。スタート前のコーナー前のコーナーで灯火は消された」

「僕たちのチームは、レースの前にここで少し懸念があると議論を展開していたと思うけど、彼らは基本的にはショーのためにはその方がいいので、続けるつもりだと言っていた。それが答えだと思う」

レースウィナーとなったルイス・ハミルトンも同意する。

「絶対にバルテリのせいではない。意思決定者の責任だ。誰かは分からないけどね」とルイス・ハミルトンはコメント。

「彼らは明らかによりエキサイティングなものにしようとしているけど、最終的には彼らが人々を危険に晒しているのを目にした。したがって、彼らはそれを再考する必要があるだろう」

「彼らは、セーフティカーの灯火を消すのをどんどん遅らせたし、僕たちはそこでポジションを争っていた」

しかし、マイケル・マシは、主催者が安全を犠牲にしてショーを盛り上げようとしたという見方に反論。FIAの観点では、安全性が最も重要だと語った。

「絶対に違う。 FIAの観点では安全性が最も重要だ。そのストーリーは終わだ」

「レースディレクターとセーフティデリゲートとしての私の立場では、スポーツの誠実さと安全性のための私の役割は空白だ。誰かがそうはないと言うのは個人的にかなり屈辱的だ」

また、マイケル・マシはセーフティカーの灯火が消えるのが遅かったとの見解も否定し、F3のレースを例に挙げた。
「簡単に言えば、彼らは彼らが望むすべてを批判することができる。ライトが消された場所からコントロールラインまでの距離の視点を見ると、他の多くの場所とおそらく同じか、より長くないわけではない」とマイケル・マシは語った。

「セーフティカーの灯火が消えた場所でセーフティカーはピットレーンに入る」

「我々には世界で最高の20人のドライバーがいる。今日、F3レースで見たように、ジュニアのカテゴリーのドライバーは、F1レースで起こっていたものと非常によく似たリスタートしたが、問題なくうまくナビゲートしていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1イタリアGP