バルテリ・ボッタス 「予選モードがなくてもメルセデスは強い」 / メルセデス F1イタリアGP 木曜記者会見
メルセデスF1のバルテリ・ボッタスは、予選モードの禁止はQ3のために取っておいたパフォーマンスをひねり出す必要がなくなったので、レース全体でエンジンをより強力に走らせることができるというメルセデス陣営の見解に同意する。

「予選では、もちろん小さな違いがあると思うけど、それほど大きなものではない」とバルテリ・ボッタスは語った。

「しかし、レースでは、僕たちはレース全体を通してそれなりのモードでより良いレーシングカーを手に入れようとしている。チームはもちろん、今週末、それを最大化することを試みている。それがどうなるか見てみよう」

「でも、さっきも言ったようにそれほど変わることはない。それは、戦略上の1つの点に過ぎないので少し均一になるだけだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / バルテリ・ボッタス / メルセデス / F1イタリアGP