F1 バルテリ・ボッタス メルセデス
メルセデスのバルテリ・ボッタスと彼のクルーは、F1オーストラリアGPの決勝レースでチームの指示を無視して意地のファステストラップを記録した。

今年からトップ10圏内でレースをフィニッシュしてファステストラップを記録したドライバーには1ポイントのボーナスポイントが付与され、チャンピオンシップを占う上で大きな影響を及ぼすことになると考えられてる。

F1オーストラリアGPで快適なリードを築いていたバルテリ・ボッタスはチームの指示を無視してファステストラップを狙い見事に達成。トラブルやチームオーダーに泣かされて一勝もできなかった昨シーズンの鬱憤を晴らした。

メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レース前にファステストラップを狙わないよう指示していたと明かす。

「午前中のミーティングで戦略について話し、1位や2位、もしくは3位を走っている場合はファステストラップを狙うことを禁じていた。彼らは私を無視した。彼ら全員がだ!」とトト・ヴォルフはコメント。

「エンジニアとドライバーとの策略だったと思っている。エンジニアは熱心だったからね。無線とそれがどのようにして起こったのか再構築するッ必要がある」

「最終的にはとても満足している。追加でポイントを獲得できたことは良いことだと思う。面白いことだ。スペクタクルの新たな素晴らしい部分だ」

しかし、トト・ヴォルフはそれについてまだ神経質になっていると認める。

「リスクを冒すことだと思っている。特に大量ポイントを狙っているときにファステストラップを狙うべきだろうか?あまり好きではなかった」

バルテリ・ボッタスは結果が最優先ではあるが、ファステストラップを狙うための十分なリードを築いていると感じていたが、新品タイヤに交換するためにピットインするほどの価値はなかったと認める。

「もちろん、結果自体から大量のポイントを得ることの方がはるかに大きなプライオリティだ」とバルテリ・ボッタスはコメント。

「そして、2番手のプライオリティがファステストラップだ。後続とのギャップにはそれについて話す十分なマージンがあった。そのために計画を立てた」

「ピットストップの可能性についても聞いたけど、実際にレース前に話していたし、シーズンの開幕戦なので馬鹿げたミスは犯したくなかったし、準備ではわずかにコンサバティブな方を望んでいた。もちろん、それでもハードにレースをシタシ、ベストを尽くした。それででも、僕たちは最高のポイントを獲得する必要がある」

「最後にピットストップしなかったのはそれが理由だ。再びピットに入ることは常にリスクが伴う。同時にセーフティカーが入ったり、ピットストップで問題が起こるかもしれない」

「最後の数周はトラフィックのなかにいたけど、少しギャップを見つけようと決断した。後続の数台を引き離すことができ、別のエンジンモードに入れて、クリックラップを行った。1ポイント多く手に入れられたことにはもちろん、嬉しく思っている」

バルテリ・ボッタスは、ファステストラップが今年のショーを盛り上げることになると考えている。

「そう思っている。それでも常にレースをフィニッシュするポジションいることに次ぐプライオリティになる。だが、可能性があるのは確かだ。誰もが追加の1ポイントを獲得することに熱心だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: バルテリ・ボッタス | メルセデス