ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキは、2015年にザウバーでレースしていたかもしれない。そう明かすのは元HRT代表のコリン・コレスだ。

今季の開幕戦が行われたメルボルンでは、ギド・ヴァン・デル・ガルデが自身のレース契約を主張してザウバーと法廷で争った。

しかし、コリン・コレスは「契約は3つだけではなく、6件あった」と主張している。

今年、実際にレースしているフェリペ・ナスルとマーカス・エリクソンの他に、ギド・ヴァン・デル・ガルデ、元レースドライバーのエイドリアン・スーティル、エステバン・グティエレス、そしてジュール・ビアンキが契約を結んでいたとコリン・コレスは述べた。

ジュール・ビアンキの契約が締結されたのは、鈴鹿でビアンキがクラッシュして頭部に重症を負うわずか数時間前だったという。

「日曜日の昼に契約が結ばれた」と語るコリン・コレスは、この契約がザウバーの負債の一部を“ある程度埋め合わせる”ものだったと説明。

ザウバーが財政面での苦境に立たされていることを受け、コリン・コレスはチーム代表のモニーシャ・カルテンボーンが必死になって疑念の残るソリューションに手を伸ばしたと主張する。

ジュール・ビアンキは、エンジンサプライヤーのフェラーリと深い繋がりを持っており、母国メキシコのスポンサーを擁するエステバン・グティエレスは最終的にフェラーリのテストドライバーになった。

コレン・コレスは「私にはモニーシャ・カルテンボーンの振る舞いが理解できない」と述べている。

「マシンを売って代金を回収し、6カ月後にまたそれを他の誰かに売るなどということはできない」

コリン・コレスは、ザウバーが2015年のレースシートの契約を重複して結んだのは「完全に計算」だと考えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジュール・ビアンキ / ザウバー