ジュール・ビアンキ
ジュール・ビアンキが、バックマーカーチームのマルシャにチーム設立以来初となるポイントをもたらした。

F1モナコGPでの2ポイントにより、マルシャは、コンスラクターズ選手権でケータハムだけでなく、ザウバーの前の9位に浮上。仮にこのままシーズン終了を迎えれば、何百万ドルもの賞金を手にすることになる。

「自分にとっては勝利のように感じている。他チームにとってはそれほど意味のないことかもしれないとしても、僕たちにとってはこの9位は承知のようなものだ」とジュール・ビアンキは Auto Motor und Sport に述べた。

だが、ジュール・ビアンキは、今年のモナコが彼のキャリアにおけるターニングポイントになるかもしれないとも認める。

「助けになるだけだ。でも、将来に関しては、シーズンが進むのを見てみなければならない。トップチームに行く準備はできていると感じている」

フェルナンド・アロンソもジュール・ビアンキの活躍を称えた。

「彼はフェラーリ・ジュニア・ドライバーだけでなく、友人でもある」とフェルナンド・アロンソは Speed Week にコメント。

「僕たちはマラネロで多くの時間を一緒に過ごしている」

「フットボールやバスケットボールをしたり、一緒に移動したりもする。彼のためにとても嬉しく思う」

「彼が非常に良いキャリアを送るのは疑いないことだと思うし、この結果が、来シーズン、競争力のあるコックピットを見つけるのに役立つことを願っている」

ジュール・ビアンキのマネージャーを務めるニコラス・トッドは「しばしば、モナコはドライバーサーキットだと言われている」とコメント。

「確かに彼はレースで起こったことから利益を得た。しかし、彼のラップタイムを見れば、彼にはペースがあった。これからの私の仕事は毎日やってくるわけではないその小さな波に乗ることだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジュール・ビアンキ / マルシャ