ルーベンス・バリチェロ ウィリアムズへ移籍
ルーベンス・バリチェロは、2010年にウィリアムズ移籍する契約が締結間近だという。

今年ブラウンGPで輝きを取り戻したバリチェロは、少なくとももう1年F1でのキャリアを確保できそうだ。

ニコ・ロズベルグが来年ブラウンGPに移籍することは公然の秘密となっており、両者の移籍が実現すれば、実質交換トレードとなる。

ウィリアムズはトップドライバーとして、バリチェロの経験とスピードを希望しているとみられている。

情報筋は、バリチェロが来年の計画を議論するために最近ウィリアムズのファクトリーを訪問した主張。契約の大枠で合意がなされているか、締結寸前だとしている。

ウィリアムズのテクニカルディレクターを務めるサム・マイケルは、チームのドライバー選択は、経験豊富なドライバーとルーキーだとしている。

「経験豊富なドライバーがいれば大きい。彼らはセットアップとクルマの方向性について経験があるからね」

「そして若いドライバーは、熱意を持ち込む」

「ウィリアムズは、長年にわたって経験豊富なドライバーとルーキーという多くの異なるドライバーを有してきた。彼らはプラス面とマイナス面を持っている。しかし、最も重要なことは、彼らが速いということだ。それが第一だ」

バリチェロは、ウィリアムズと契約間近ではあるが、ブラウンGPがジェンソン・バトンと財政的な条件で合意できなければ、バリチェロがブラウンGPに残留する可能性もないわけではない。

ジェンソン・バトンは、ブラウンGPの将来のために減給を受け入れたが、今シーズンはワールドチャンピオンをリードする活躍により金額アップを望んでおり、来年の年俸に関して両者の折り合いは付いていないとみられている。

ウィリアムズは、今年始めにロバート・クビサと交渉したが、クビサはルノーへの移籍が確実視されている。ウィリアムズの他の候補としては、ニック・ハイドフェルド、ヘイキ・コバライネンの名前が挙げられている

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルーベンス・バリチェロ / ウィリアムズ