F1、アイルトン・セナの没後25年を記念したF1フェスティバルを開催
F1は、サンパウロでアイルトン・セナの没後25年を記念した特別なF1フェスティバルを開催する。

ハイネケンが主催する「The HEINEKEN F1 FESTIVAL - SENNA TRIBUTE」と題されたこのイベントは、F1ブラジルGPのレース週末のイベントの一環として11月9日にイビラプエラ公園で開催される。

イベントでは、メルセデスとルノーのF1マシンがデモ走行を行うとともに、エマーソン・フィッチパルディやフェリペ・マッサといったドライバーが、1984年にアイルトン・セナがF1デビューを果たしたトールマンTG184、F1初勝利を飾ったロータス97Tなどを走らせる。

またF1マシンのデモ走行に加え、音楽コンサートのほか、Eスポーツレースやピットストップチャレンジなどの特別なアクティビティも行われる。

ショーン・ブラッチズ(F11コマーシャルオペレーション担当マネージングディレクター)
「アイルトン・セナは我々のスポーツの真の伝説であり、彼の遺産は計り知れないほど刺激的だ。彼の人生とブラジル人にとっての彼の重要性を祝うために、パートナーのハイネケンと一緒にF1をサンパウロの街に連れていくことを光栄に思う。F1が提供するスピード、音、興奮を一生に一度の体験とするモダンで歴史的なF1カーにファンが近づき機会を与えることで、彼の人生を祝いたい。ブラジルはF1ファミリーで特別な地位にある。インテルラゴスでのグランプリの1週間前にこのイベントをサンパウロで開催できることを心から楽しみにしている。また、F1はブラジルのF1ヒーローであるフェリペ・マッサとエマーソン・フィッティパルディが、セナの歴史的な車を運転するために一緒に参加することを発表することを嬉しく思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アイルトン・セナ / F1ブラジルGP