アストンマーティンF1移籍のダン・ファロウズ 「エイドリアン・ニューウェイから多くのことを学んだ」
アストンマーティンF1のテクニカルディレクターのダン・ファロウズが、レッドブル・レーシングを去った経緯、エイドリアン・ニューウェイから学んだことなどをインタビューで語った。

ダン・ファロウズは、レッドブル・レーシングからアストンマーチンF1に移籍するまでの長く注目を集め、モータースポーツメディアでかなりの記事を獲得した。だが、そのような脚光を浴びることにあまり熱心ではないとダン・ファロウズは語る。

「きまりが悪い。特に、記事へのリンクを含むメッセージを送信する友人がいる場合は本当に当惑してしまう」とダン・ファロウズは語った。

「私はそういった類のことに本当に興味を持ったことがない。広報のために参加しているわけではない。私が興味を持っているのは、速い車を作ることだけだ」

ダン・ファロウズが、9つのF1タイトルを獲得する上で重要な役割を果たしたことは、彼が速い車を作るのが得意であることを示している。。

だが、実際、ダン・ファロウズが“そういった類”と呼ぶことも彼はかなり得意だ。彼は愛想がよく、洞察力があり、時間に寛大だ。アストンマーティンF1の公式サイトでテクニカル ディレクターに就任してから6か月間についてインタビューに答えた。

アストンマーティンF1での生活はどうですか? 何か驚いたことはありますか?
これまでのところ魅力的な旅だが、ここに来てまだ数か月しか経っていない。私にとって最も印象的なことは、アストンマーティンF1が今でもレースチームのように感じられることだ。

チームが非常に短い時間で大幅に成長すると、扱いにくくなり、部門間で適切に話し合うことができなくなる。しかし、ここでのコミュニケーションラインは非常にシンプルで明確だ。それを失わないようにする必要がある。

アストンマーティン F1 にいる人々のクオリティの高さには本当に感銘を受けました。エンジニアリングの才能は、本当に必要なレベルにある。素晴らしいアイデア、本当に優れた創造性だ。

統一された目的の明快さがあるだけでは駄目だ。それを実現する手助けをしたいと思っている。車を設計する最初の段階から、レーストラックで何を達成しようとしているのかに目を向けることが重要だ。

アストンマーティンF1に参加することを選択したとき、あなたは史上最も成功した F1 チームの1つ、つまりあなたが構築に貢献し、その成功に貢献したチームを後にしました。なぜですか?
新たな挑戦が欲しかった。私のキャリアの中で最もやりがいを感じたのは、課題を提示されたときであり、その課題を克服してきた。

それは単なる挑戦ではなく、控えめなものから壮観なものへと変化する何かに参加する機会でもある。アストンマーティンF1には、ローレンス・ストロールを筆頭に、チーム全体に至るまで、真剣な野心がある。

ですから、チームの旅に参加するように頼まれるだけでなく、私が持っているリソースを考えると、信じられないほどエキサイティングだ。誰かがそのレベルの信頼を置いて、彼らが実質的に『これがF1チームだ。それをあなたが望むものに変え、あなたが望む人を集め、あなたが望むように運営し、成功させてください』と言ってくれるときは信じられないほどエキサイティングだ。成功することだ。

私がこの挑戦をしたのは、物事は違うやり方でできると感じたからだ。レッドブルのやり方でも、メルセデスのやり方でも、フェラーリのやり方でもない。もっと良い方法、つまりアストンマーティンの方法を考え出すことだ。

同じ場所に留まって成功した場合、同じことをやり続けることになり、退屈になる。

初期のレッドブルのF1プロジェクトとアストンマーティンのF1プロジェクトに類似点はありますか?

レッドブルの旅の最もエキサイティングな部分の1つは、チームがジャガーから進化したときだった。予算が非常に限られている小規模なチームが、突然、予算、リソース、技術力を組織の最上部に大幅に増やせるようになった。

チームが成長するのを見て、その成長の一部になり、成功の一部になり、途中で間違いを犯し、そこから学ぶことさえあったが、それは信じられないほど刺激的だった。アストンマーティンF1で現在起こっていることは、当時のレッドブルで起こったことと非常によく似ている。

エイドリアン・ニューウェイとの仕事から何を学びましたか?
エイドリアンはから多くのことを学んだ。彼がデザイナーとしてどれほど才能があるかは誰もが知っているが、彼と一緒に仕事をしたことがない人は、彼が技術的な観点でどれだけ謙虚であるかを理解していない。彼には技術的な傲慢さはない。

別のアプローチを支持する証拠が得られた場合、彼はアイデアを手放すことを厭わない。

もちろん、自分のアイデアや自分が正しいと思うことを信じているものだが、別のアイデアの方が優れていることを証明する証拠が何か、または誰かがもたらされた場合は、考え方を変えて別のやり方をすることを決して恐れてはならない。それが大事していることであり、エイドリアンから学んだことだ。

昨年6月にレッドブルを退社し、9か月間ガーデニング休暇を取りました。その時間で何をしていましたか?
この時間を使って、レッドブルでエアロ部門の責任者を務めていた8年間を振り返っていた。自分が犯した過ち、うまくやれたこと、試してうまくいったこと、試したがうまくいかなかったことなどね。

そして、自分がテクニカルリーダーとしてどのようになりたいかを確立した。人々に私をどのように認識してもらいたいか。私の周りにどんな人が欲しかったのか。技術チームにどのように働いてもらいたいか。

アストンマーティンF1に入社するまでに、物事をどのように運営したいか、チーム内の人々がどのように相互にやり取りし、コミュニケーションを取るべきかなどについて明確な考えが固まっていた。

あなたが犯した最大の間違いは何ですか?
過去に、私は人々に力を与えすぎようとしていた。人々に力を与えることは管理するための正しい方法だが、誰かに力を与えすぎて、与えている自由がすぐにサポートされていないと感じるようになる可能性がある。

間違いを恐れないように人々に間違いを犯す余地を与えたいものだ。そこから学びたいと考えているが、彼らが束縛されていないと感じるほどでは駄目だ。少しの介入、適切なタイミングでの手引きは、人々を安心させ、正しい道から離れすぎたと感じないようにすることができることを学んだ。

7月にレッドブルの元同僚と再会し、エリック・ブランディンがアストンマーティンF1副テクニカルディレクターとして入社した。バンドの再結成はどんな感じですか?
エリックと再び一緒に仕事ができるのは素晴らしいことだ。なぜなら、以前一緒に仕事をしたことがある人には非常に多くの近道があるからだ。たとえば、レッドブルでも一緒に働いていたテクニカルオペレーションの責任者であるアンドリュー ・アレッシにも同じことが当てはまる。

もちろん、エリックは最近、フェラーリ、そしてメルセデスでまったく異なる経験をしていたので、意見が分かれているかどうかについては、少し確信が持てなかったと思う。しかし、技術的な観点から見ると、まだ多くの共通点があることがすぐにわかった。

また、彼は、メルセデスのやり方やレッドブルのやり方で物事を行うのではなく、代わりにもっと良い道を見つけるという考えに真剣に取り組んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / レッドブル