アストンマーティンF1、急進的なリアウイングの展開は「予算上限と相談」
アストンマーティンF1は、ハンガリー グランプリで導入された急進的なリアウィング ソリューションを今後のレースで復活させるかどうかは、コスト上限の考慮事項によって決定されると述べた。

アストンマーティンF1は、今月初めのハンガロリンクで、F1のリアウィング半径ルールの革新的な解釈した、より伝統的なエンドプレートでの走行を可能にするソリューションを登場させた。

このデザインは、F1マシンにダウンフォースを追加することを目的としていたが、そのコンセプトは、後続マシンへの過度の乱気流をなくすというレギュレーションの意図に反しているという提案があった。

F1ハンガリーGPの週末の複雑な天候により、アストンマーティンF1はそのポテンシャルを十分に理解できていなかったが、後半戦の他のレースでウィングソリューションを展開することを検討している。

この設計はドラッグを犠牲にすることなく、より多くのダウンフォースをもたらすが、アストンマーティンF1は、それがすべてのレースで使用できるかどうか確信を持っていない。

これは、F1チームがコスト上限に近づくにつれて、今年の支出のバランスを慎重に取らなければならないためだ。そのため、ダウンフォースレベルのバリエーションによって、所有しているすべての異なるリアウイングを刷新することはできない可能性がある。

アストンマーティンF1のパフォーマンス ディレクターを務めるトム・マッカローは「コスト上限がそこにあるも」とコメント。

「我々にはすでに作った一連のウイングがある。それらの多くは、サーキットのさまざまな効率性に合わせてすでに使用されている。それらを作り直すかは、お金の問題だけだ」

トム・マッカローは、新しいリアウイングのコンセプトはダウンフォースの高いトラックだけのものではなく、マシンにドラッグを加えるという点で妥協がなかったので、他の場所でも機能することは明らかだと語る。

「これは効率性を向上させるものだ」とトム・マッカローは語った。

「それは異なるウイングでさまざまな程度に使用できる。我々にとってはコスト上限の問題だけだ」

コスト上限の影響は、開発のペースを調整することになる今年、F1チームに重くのしかかっている。

トム・マッカローは、現在、アストンマーティンF1が、優れたアイデアはあるものの、それは風洞にある2023年マシンにのみ導入される可能性が高い状態にあると述べた。

「我々は今、2023年マシンの開発に取り組んでいる」とトム・マッカローは語った。

「それをより大きなものと考えれば、ウイングを例にとると、フロントウイングであろうとノーズであろうと、クラッシュテストを行うことができ、別の哲学を行うことができる。だが、それには多額の費用がかかる。待ったほうがいいかもしれない」

「手元に残ったお金で、それに見合うだけの価値を生み出さなければならない。我々は開発予算を残してある、多くの開発を行い、車を大幅に変更してきた」

アストンマーティンF1

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン