F1開発戦争:アストンマーティンのリアウイングの巧妙なエンドプレート
アストンマーティンF1チームは、新しいエンドプレートのデザインにより、リアウィングのレギュレーションを興味深い解釈で表現。昨年までのダウンフォースを取り戻す効果が予想されている。

以前は、リアウィングのエンドプレートがリアウィングの最も高い部分だった。ウィングの上面の正圧、ウィングの下面の低圧、および実際のエンドプレートの外側の大気圧と3つの異なる圧力がすべて混ざり合っていた。

これらの3つの異なる圧力がバランスをとろうとすることで、上面の気流は大気圧にあふれ、ウイングの下面から出てくる低気圧に引き込まれていた。これにより、ウエットでの走行時に目に見える大きな渦が発生し、F1が削減したかった乱気流が発生していた。

新しいレギュレーションでは、ウィングの上部表面の上端にある半径を翼端板の外面に適用することで、これら3つの圧力差のうちの2つがなくなる、もしくは少なくとも減少した。これにより、渦の強さが劇的に減少し、後続車が対処しなければならない乱気流が少なくなる。

しかし、アストンマーティンF1チームが導入したエンドプレートは、リアウィングの上面と完全に一体化しておらず、より複雑になっている。リアウイングの上面からこぼれる気流を減らすためにできることは何であってもウイングの下面の低圧を増加させ、ひいては下面が生成できる負荷を増加させる。ただし、ドラッグも増加する。



Sky Sport F1のテッド・クラヴィッツは、風をより多く捕らえ、マシンにより多くのダウンフォースを与えるように設計されたように見えるエンドプレートのベンドに注目。このリアウィングがアストンマーティンF1チームにとって「ゲームチャンジャー」になる可能性があると語った。

「このリアウイングのエンドプレートを見てください」とカメラがアストンマーティンF1チームにズームインする中、テッド・クラヴィッツは視聴者に呼びかけた。

「今、これはゲームチャンジャーになる可能性があると思う。今年、彼らがルールを変更したとき、彼らはこれらの曲線を持つことを義務付けたことを思い出してほしい。溶けたワムバー (英国の甘いスイーツ) リアウィングのように、大量の空気がスピンアウトし、車が互いに追いつきやすくなるようにしている」

「今朝、アストンマーチンがここに来て、リアウイングの別の解釈、あの小さな肘掛け椅子のようなリアウイングのエンドプレートを持ってきた。それは事実上、より高いダウンフォースを備えた昨年のリアウイングを模倣している可能性があり、エンドプレートを四角にしている。つまり、2021年のリアウイングのようなものだ。私は本当ににそれが気に入っている」

「より多くの空気をキャッチする。リアウィングのメインプレートから漏れ出た空気が失われたり、リアウィングによって処理されなかったりすることを防ぎ、他のすべての車で見られるあらゆる種類のダウンフォース生成を行う。それはアウトウォッシュを止め、スピルオーバーを止め、昨年のリアウイング以降に失った多くのダウンフォースを取り戻す」

アストンマーティンF1チームのリアウィングは、当然のことながらパドックの他のF1チームの注目を集めている。

アストンマーティンF1チームがルールを曲げていると非難されたのはこれが初めてではない。F1スペインGPの前に、アストンマーティンF1チームはレッドブルに非常によく似た改良型のマシンを発表。クリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコからの調査の脅迫にもかかわらず、FIA(国際自動車連盟)によって合法であることが判明した。

テッド・クラヴィッツは、それは今回も同じであり、アストンマーティンF1チームは、すべての段階でFIAと相談したと報告している。

「さて、それは合法か?」とテッド・クラヴィッツは尋ねた。

「もちろん、ご想像のとおり、他のすべてのチームは、FIAが新しいリアウイングのルールが望んでいの意図ではないと言っているが、アストンマーティンは、リアウイングの開発を通じてFIAと相談し、すべての段階で承認されたと言っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン