アストンマーティンF1チームで人種差別および同性愛嫌悪の虐待行為
アストンマーティンF1チームは、チームのサプライヤーの1つで働いていた派遣労働者に対して、人種差別的および同性愛嫌悪的な虐待行為に関与した個人に対して「適切な制裁」を取ったと述べた。

制裁の正確な内容は明らかにされていないが、アストンマーティンF1チームは、加害者もそのサプライヤーのために働いていたが、もはやチームとは関係がないと述べた。

英国と南アフリカの二重国籍を保持しているエイダン・ロウは、Sky Sports Newsとのインタビューで虐待行為を公に明らかにしていた。

エイダン・ロウはサプライヤーの複合ラミネーターであり、今年の2月から5週間アストンマーティンF1チームで働いていた。

しかし、エイダン・ロウは、その役割を引き受けた直後に人種差別的な虐待を受けたと主張している。

「職場環境に足を踏み入れる前に『ここでの話し方に問題があるかどうかを確認してください。それが我々の話し方です』と言われたときです」とエイダン・ロウはSky Sports Newsに語りました。

「僕の呼ばれ方はブラウニーからダーキー…またはそのようなものになりました。私はエイディとは呼ばれまぜんでした。私はn** n**とブラウニーと呼ばれていました」

「最終的に起こっていることが処理されたのは、期間の終わりに近づいていた頃でした」

「呼び方は、n** n**とブラウニーから、完全に n*****に変わっていました。 n*****と呼ばれたときが線を引いて、どうすることもできなくなったときでした」

南アフリカと英国の両方の二重国籍者として、エイダン・ロウは2つのパスポートを持っている。彼は、虐待にはアパルトヘイト時代の侮辱も含まれており、これも非常に不快だったと述べた。

また、エイダン・ロウは、彼がかつてボーイフレンドがいたことを明らかにした後、同性愛嫌悪の虐待行為を受けたと語る。

「10代の頃に彼氏がいたことを誰かに開示しましたが、それで終わりです。その一瞬ですべてが切り替わりました」

「彼らは少しずつすべてに取り組みました。彼らは私を男として、個人として、そして人間として破壊しようと奮闘していました」

アストンマーティンF1チームがTheRaceに発表した声明は、ロウを「MrA」と呼んでおり、次のように述べた。

「AMF1とサプライヤーは、人種差別、同性愛嫌悪、およびあらゆる種類の差別に関して、ゼロトレランスポリシーを運用しています」

「我々は、そのような容認できない行動の申し立てに真剣に対処します。これには、そのような主張を徹底的に調査し、我々の基準を満たしていない個人を制裁することも含まれます」

「この場合、MrAは正しく信じられ、彼の苦情は即座に処理され、当社および当社のサプライヤーのゼロトレランスポリシーに沿って適切な制裁が課されました」

「その結果、関係者はAMF1のサプライヤーで働くことはなくなり、AMF1とは何の関係もありません」

「エピソード全体は非常に悲しいものですが、AMF1などの責任ある勤勉な会社に期待されるように、全体を通して適切な行動が取られました」

「私たちはMrAと連絡を取り合っています」

アストンマーティンF1チームはまた、エイダン・ロウがサプライヤーのために働いていないことを確認。彼が「パフォーマンスと時間管理が不十分だったため、わずか5週間後にサプライヤーから解雇された」と述べた。

エイアン・ロウは、彼のパフォーマンスと時間厳守が不十分だったことを認めているが、それは彼が直面した虐待によるものだと主張している。

アストンマーティンF1チームは、多様性(ダイバーシティ)と包括性(インクルージョン)の方針を定めているが、ドライバーのセバスチャンベッテルは、近年、LQBTQ+の包括性を強く支持している。

F1にも独自のダイバーシティとインクルージョンのポリシーがあり、2020年にダイバーシティとインクルーシブに焦点を当てた「We Race As One」イニシアチブを開始した。ルイスハミルトンは強力な声であり、反人種差別と多様性を促進するために積極的に取り組んできた。

しかし、F1の世界は論争のシリーズに巻き込まれており、最近では3回のF1ワールドチャンピオンであるネルソン・ピケがハミルトンに関連して人種的なスラーを使用したことが明らかになっている。

Sky Sports Newsによると、エイダン・ロウは「スポーツをやめた」とのことだが、彼は自分のメッセージは「自分よりも大きい」と表現し、変化が見られることを望んでいると語る。

「私は犠牲者と見なされたくありません。それは私自身ではありませんが、実際にはこの虐待は正しくありません。犠牲者は私だけではなく、私のコミュニティです」とエイダン・ロウは語った。

「私たちは、民族的起源や性的指向のためにそれらの機会を与えられることを求めていません」

「私はそれを求めていません。誰もそれを求めていません。私たちは機会均等を求めています。実は、私と同じようにこれをやりたいという夢を持っている子供たちがいることを私は知っています…そしてそれが嘘なら、ポイントは何ですか?」

「そこにスポーツはありません。いくつのスポンサーがそれにお金をつぎ込むかは問題ではありません」

「私にとってはこのメッセージは私よりも大きいものであり、公にどのような影響があったとしても、私は喜んで受け入れます」

アストンマーティンF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン