アストンマーティンF1 「メルセデスより2021年の空力変更の影響を受けた」
アストンマーティンF1は、2021年の空力ルールの変更がシーズンを通してメルセデスF1よりもはるかに大きな影響を受けたと考えている。

F1チームのレギュレーションの習得度が深まってダウンフォースが増加したことで、FIAはタイヤへの負荷を和らげるためにフロアとバージボードのルールにいくつか変更を加えて、ダウンフォースの削減に動いた。

新型コロナウイルスの影響によって2020年のシャシーを引き継ぐことが決定した段階でこれらの変更が導入されたことで、特にメルセデスやアストンマーティンのようなローレーキのマシは影響を受けた。

メルセデスF1は、なんとか挽回してコンストラクターズタイトルを防衛したが、アストンマーティンF1は、前年度の4位から7位に転落するという困難なシーズンを過ごすことになった。

アストンマーティンF1は、前年度にメルセデス W10をコピーして“ピンクメルセデス”と揶揄された。チャンピオンマシンの空力哲学は、単純にマシンのスピードを上げることに役立ったが、マシン哲学の理解度は低く、それが2021年に影響を与えた。

アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーは、メルセデスF1がダウンフォースの損失の影響を最小限に抑えられたよなパフォーマンスのバッファーがなかったことをその理由に挙げた。

「今年の出来事は、シーズン後半に行われた一方的な空気力変化が我々とメルセデスに大きな影響を与えるというプレシーズンの懸念を裏付けた」と彼は説明しました。

「ミッドフィールドは非常にタイトだったため、ラップタイムが失わた。ラップタイムは、どのトラックにいるかにもよりるが、1周あたり0.7~0.9秒で3番手から6~7番手に移動した」

「メルセデスも彼らが走らせている空力哲学によってかなり多くを失ったが、それは常にポールにいたところからチャンピオンシップを争うところへと動かしただけだった」

「我々に関しては、はるかに大きな影響を与えたと思う。それによって、そして、2022年のレギュレーションが完全に異なることで、早い段階で2021年を離れ、2022年にすべての焦点を集中さるために切り替える必要があった」

オトマー・サフナウアーは、アストンマーティンF1は、シーズン開始時に損失を埋めるいくつかの改善に取り組むことができたが、2022年F1マシンの開発で失うリスクと比較して利益は最小限であるため、最終的にそこにあまり多くのリソースを投資することは無意味だったと説明する

「2021年の序盤には空力の損失の一部を取り戻すための大きな開発プログラムがあった」とオトマー・サフナウアーは語った。

「早い段階でそれを試みたが、切り替えの計画に固執する必要があった。そうしないと、今年は平凡な年になり、来年が本来あるべき最適な年にならないからだ。それで、我々は意識的に切り替えようと努力したが、それは苦痛だった」

アストンマーティンF1が、ダウンフォースを改善するためにもたらしたアップデートは、別のエリアでコストがかかることが証明された。マシンのドラッグが増加し、一部のサーキットでは悪影響となった。

オトマー・サウナウアーは「そのダウンフォースの一部を取り戻そうとすると、以前よりも少しドラッグが多いマシンになってしまった」

「一部のサーキットでは、少し余分なドラッグがラップタイムの大きな赤字に現れることはない。だが、他のサーキットでは現れてしまう。それが今シーズンは少し上下していた理由だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン