アストンマーティンF1、ベッテルのハンガリーGPの失格への上訴を取下げ
アストンマーティンF1は、セバスチャン・ベッテルのF1ハンガリーGPからの失格に対する上訴を取り下げた。これにより、F1ハンガリーGPのリザルトが確定した。

F1ハンガリーGPを2位でフィニッシュしたセバスチャン・ベッテルだったが、レース後の技術検査でFIA検査官が必要な最低1リットルの燃料をマシンから抽出できなかったため、リザルトから除外された。

FIAはベッテルのマシンから0.3リットルの燃料しか抽出できなかったが、アストンマーティンF1は十分な燃料は車内に残っていると確信しており、燃料ポンプシステムの故障によってアクセスできなかったと説明。レース中に記録されたテレメトリデータによると、アストンマーティンはFIAが把握していたよりも少なくとも1.44リットル多くの燃料がマシンにあるはずだと推定していた。

F1ハンガリーGP後、セバスチャン・ベッテルのアストンマーティンのF1マシンはFIAによって押収され、法廷審問で証拠として必要になった場合に備えて、FIAの施設で保管された。

アストンマーティンF1は失格は不公平であるとすぐに上訴し、セバスチャン・ベッテルを失格にするというFIAスチュワードの決定を再検討する権利を要求した。

しかし、燃料電池の圧力解放値が実際に燃料がタンクに送り込まれるのを防ぐことができなかったという新しい証拠を提供したにもかかわらず、FIAはアストンマーティンF1の再審請求を棄却した。

アストンマーティンF1の調査の一環として、技術的な不具合が燃料漏れにつながったことが発見された。アストンマーティンF1が最初に疑ったほど多くの燃料がマシンに残っていなかったことを意味していた。

FIAに提供された証拠は故障という点では新しいものでしたが、1リットル以上の燃料が搭載されていることを示すことができなかった。

アストンマーティンF1は、その立場を考慮して、上訴も取り下げることを選択した。これにより、セバスチャン・ベッテルの2位は正式に無効となった。

アストンマーティンF1は木曜日に声明を発表。「我々の立場を考慮し、燃料システムの故障の明らかな新しい証拠があったというFIAスチュワードの評決に留意したが、それでも、そうすることが聴聞されるという利益を上回ると信じているという理由で、我々は上訴を取り下げました。」

セバスチャン・ベッテルの失格が確定したことで、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がエステバン・オコン(アルピーヌ)に次ぐ2位にランクされ、カルロス・サインツ(フェラーリ)が3位表彰台を獲得することになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / F1ハンガリーGP