「アストンマーティンはストロールの引き立て役でベッテルと契約した」と元F1チーム代表
アストンマーティンF1がセバスチャン・ベッテルと契約した背景にある動機について、F1パドックに精通している2人の顔が疑問を投げかけている。

ローレンス・ストロールが所有するアストンマーティンF1は、フェラーリでの最終シーズンで貧弱なパフォーマンスを示していたにも関わらず、セルジオ・ペレスを追い出して、33歳のセバスチャン・ベッテルと契約した。

以前、メルセデスF1チーム代表トト・ヴォルフと親しい関係になった元HRTのボスであるコリン・コレスは“ストロールとヴォルフの組み合わせ”は、セバスチャン・ベッテルにとって“非常に危険”だと警告する。

「多くの要因がバックグラウンドで役割を果たしている」とコリン・コレスは Kolner Express に語った。

コリン・コレスは。トト・ヴォルフは、アストンマーティンの株主であり、セバスチャン・ベッテルとアストンマーティンF1の契約をまとめるうえで重要な役割を果たして生きたと語る。

「ベッテルはランス・ストロールの引き立て役としてのみ雇われた。(ローレンス)ストロールは息子をワールドチャンピオンにしたいと考えている」

元F1ドライバーのデビッド・クルサードもその意見に同意しているようだ。

「アストンマーティンではなく、ランス・ストロールという新しいブランドが構築しようとしているのではないだろうか」とデビッド・クルサードは語る。

「彼がベッテルに勝てば、それは彼が将来のワールドチャンピオンと呼ばれることを正当化する」

セバスチャン・ベッテルが、レッドブルで何十勝も挙げ、4回のF1ワールドチャンピオンを獲得した時代を覚えているF1の一部は、現在の状態でベッテルがいつまでF1を続けられるかに疑問を持っている。

「F1で13位にとどまっていることへの失望は、彼のようなレーシングドライバーにとって厳しいものだ」と今年DTMシリーズに自らのチームを率いて参戦するフーベルト・ハウプトは f1-insider.com に語った。

「ある時点で、彼はミッドフィールドで継続するか、DTMに参戦するかを決定する必要がある」

今のところ、セバスチャン・ベッテルは、F1での自分の状況が改善するかどうかを見守りたいと考えている。

されるかどうかを見守るつもりのようだ。

「もちろん、適応するためにもっと時間をかけてテストをしたかったけれど、僕たちのスポーツではそれは不可能だ」とセバスチャン・ベッテルは RTBF に語った。

「チームを変えるのは難しいことだ。物事がうまくいくのを待たなければならないと感じていると。パズルのピースをすべて組み合わせていく必要がある」

「僕の考えでは、数レースのうちにはかなり良くなっていると思う」

セバスチャン・ベッテルだが、メディアが自分に対して多くの批判の声を挙げていることを認識している。

批判についてどう思うかと質問されたセバスチャン・ベッテルは「正しいときもあるけれど、そうではないときもある」と答えた。

「でも、正直なところ、外部の人がどう思うかは僕にはどうでもいいことだ。僕が期待しているのはチームからの誠実な意見だ。そして、もし、それが批判であれば、僕はそれを受け入れ、それを変えるためにベストを尽くすだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / セバスチャン・ベッテル / ランス・ストロール