アストンマーティンF1、メルセデスの“コピー”で天国から地獄へ
アストンマーティンF1は、メルセデスのF1マシンのコンセプトをコピーしたことが今シーズンの苦戦の一因になっている。

昨年、メルセデスのF1マシンを完コピした“ピンクメルセデス”は恩恵を受けたが、今年は同じ基本的な理由で苦戦を強いられている。

リアのダウンフォースを削減させる2021年のレギュレーション変更は、メルセデスの“ローレーキ”コンセプトに打撃を与えており、サテライトチームのアストンマーティンF1はその問題のさらに大きな影響を受けている。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、アストンマーティンF1はコピーしたメルセデスのコンセプトを完全に自分たちの物にできていないと考えている。

「アストンマーティンは新しいコンセプトを採用してるが、きちんと機能していない。それは彼ら自身できちんと答えを出せていないからかもしれない」と Sport1 にコメント。

「問題は、変更が加えられたときに、チームがすべてを直接理解する能力を持っていないことだ。セバスチャン(ベッテル)には気の毒だ。時間がかかる大きな問題だからね」

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコも、アストンマーティンF1はメルセデスの問題を引き継いでいると考えており、また、元教え子のセバスチャン・ベッテルは、アストンマーティンF1に飛びつくのではなく、1年間F1を離れるべきだったと考えている。

「それについての私の考えは以前にも話している。彼は一年休みを取って、自分が何を望んでいるかを自問するべきだった」とヘルムート・マルコは語った。

「そうすれば、来年、彼はF1で多くのチャンスがあったかもしれない。だが、彼はそれをしなかった」

「現在、彼はアストンマーティンにいる。彼らはメルセデスと非常によく似たマシンを持っており、メルセデスと同じ問題を抱えている。彼らとの最初のレースは解放にはほど遠いものだった」

「彼らは最終的にある程度の結果を達成するだろう。彼らはなんとか車両の制御を改善するだろうが、彼らはメルセデスのレベルではない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン