アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン:画像ギャラリー
アストンマーティンF1は、2021年F1マシン『AMR21』のシェイクダウンを実施。セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールが新車での初走行を行った。

昨年までレーシング・ポイントとして参戦していたチームは、今年からアストンマーティンF1チームとして参戦。有名な自動車メーカーの名前がF1世界選手権に戻ってくるのは、1960年のF1イギリスGPを戦ったDBR5以来、61年ぶりとなる。

アストンマーティンF1は、3月3日(水)に2021年のF1世界選手権を戦うマシン『AMR21』を披露。翌4日(木)にはシルバーストンに移動し、伝統のブリティッシュグリーンのマシンのシェイクダウンを実施した。

フィルミングデーを利用したシェイクダウンは、ピレリのデモ用タイヤと100kmの走行制限(シルバーストンのグランプリコースでは16周)があるが、生憎のウェットコンディションのなか、セバスチャン・ベッテルとランス・ストロールが問題なく走破した。

4回のセバスチャン・ベッテルにとって、アストンマーティンF1は5チーム目となるが、メルセデスのF1エンジンを走らせるのは初めて。また、旧型車でのテストができないカスタマーチームのため、移籍後初走行となった。ヘルメットはチームのスポンサーであるBWTのスキームに合わせてピンクのカラーリングが施された。チームメイトのランス・ストロールは、ピンクではなく、チームカラーに合わせたブリティッシュグリーンに象徴的な“アストンマーティン・ウィングス”が施したヘルメットを着用した。

アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(29)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(28)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(27)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(26)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(25)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(24)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(23)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(22)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(21)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(20)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(19)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(18)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(17)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(16)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(15)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(14)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(13)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(12)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(11)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(10)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(9)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(8)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(7)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(6)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(5)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(4)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(3)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン(2)
アストンマーティンF1 AMR21 シェイクダウン


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン