アストンマーティンF1代表 「我々が前進できない理由はない」
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるオトマー・サフナウアーが、装いを新たに挑む2021年のF1世界選手権への意気込みを語った。

昨年までレーシング・ポイントとして参戦していたチームは、今年からアストンマーティンF1チームとして有名な自動車メーカーの名前でF1世界選手権への参戦を開始する。

「アストンマーティン・コグニザントF1チームを立ち上げることで、この会社に関係するすべての人に本当の目的と誇りを与えることができる。本当に象徴的な自動車ブランドであり、アストンマーティンをモータースポーツの頂点に戻すことは大きな特権だ」とオトマー・サフナウーは語った。

「ドライビング面に変化があり、セバスチャン(ベッテル)がランス(ストロール)と一緒にレースするために参加した。セバスチャンは我々全員が学ぶことができる人物であり、彼のチームへの統合は非常にスムーズだ。これは、多くの経験を持つ人物に期待されることだ。セバスチャンがスピードを失っていないことは私の心の中で明らかだ。彼が最高の状態で提供できるように、彼が快適に感じる環境を作るのは私たちの責任だ」

「ランスは、昨年の2回の表彰台と雨天時のポールポジションが示すように、非常に才能のある若いドライバーだ。今年も同じこと以上を期待している」

「2021年の私たちの目標は、昨年達成したことを基に、さらに一歩前進することだ。有能な労働力と新たな金融投資を組み合わせても、それを達成できない理由はない。一夜にして成功するわけではないが、今年と今後もグリッドを上っていくための重要な要素は整っていると確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン