アストンマーティン 「F1は長期的な基本戦略において重要な役割を果たす」
アストンマーティンのエグゼクティブチェアマンに就任したローレンス・ストロールは、アストンマーティンの戦略はF1のレーシング・ポイントとの関係に基づいていると語る。

新型コロナウイルスへ懸念によってジュネーブモーターショーが中止になったことを受け、アストンマーティンは英国本社から短いカンファレンスをライブはライブ配信した。

そのカンファレンスの中で、ローレンス・ストロールは、コンソーシアムがアストンマーティンに投資した理由を概説。同社には”プロダクト、エンジニアリングの卓越性、世界有数の企業になるポテンシャル”があると強調した。

ローレンス・ストロールは、アストンマーティンのビジネスプランを“リセット”し、“税務上の安全性”を確保したことで、SUVモデルのDBX、ハイパーカーのヴァルキリー、ヴァルハラ、そして、新型ヴァンキッシュといった重要なニューモデルを提供することを目指すとし、F1がアストンマーティンの長期的な基本戦略において重要な役割を果たすと強調した。

「我々はお金以上のものをもたらしている」とカナダの億万長者であり、ファッション界の大物であるローレンス・ストロールは語る。

「私は、プライベート、およびパブリックセクターの両方の部門でラグジュアリーなグローバルブランドを構築してきた長い歴史を持っている」

「エグゼクティブチェアマンとして、私は最終的に我々が実施している戦略に責任を負う。この戦略の基礎は、アストンマーティンを2021年のグリッドにワークスフォーミュラ1チームに戻すことにある」

「F1は独自のブランドで運営されており、20億のオーディエンスにリーチし、毎年22か所の顧客を引き付けて楽しませている」

「F1はすべての関係者にとって非常にエキサイティングだ。我々のブランドを世界的に構築する支えになり、アストンマーティンを世界的に傑出したラグジュアリーブランドになるという野心を叶えてくれるはずだ」

ローレンス・ストロールは、アストンマーティンがF1に関与することの利点は、製品の単なるプロモーションをはるかに超えるものになると考えている。

「ミッドエンジンのレンジを宣伝するだけではなく、会社全体にヘイロー効果とトリクルダウン効果をもたらすと思っている」とローレンス・ストロールは続ける。

「我々に顧客に会って挨拶し、新しいモデルを示し、アストンマーティンの世界にとって週末がどのようなものか体験してもらう機会を与えてくれてくれる」

最後に、ローレンス・ストロールは、創設者ライオネル・マーティンよって注入されたアストンマーティンのレーシングDNAについて言及した。

「1913年にライオネル・マーティンがアストンヒルを運転したときから、心からレーサーであるこの会社のDNAは私を常にアストンマーティンに惹きつけた。それがこの会社のすべてです」とローレンス・ストロールは語る。

「それは、レースの伝統、レースの歴史に関するものであり、これらの技術を通じてこのような素晴らしい車を開発するのに役立った」

「アストンは、そのDNAを血液中にもったミッドエンジン・プログラムを本当に逃していたと感じている。そして今、20221年にF1にワークスチームとして戻り、F1チームの技術をロードカープロジェクトと共有できるようになったことで、これがアストンマーティンがそのレンジを改選させ、レースのルールに戻るために必要な最後の一押しが揃ったと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アストンマーティン / レーシングポイント