2009年02月のF1情報を一覧表示します。

フォース・インディア、VJM02を発表

2009年2月28日
フォース・インディア、VJM02を発表
フォース・インディアは、2009年のF1マシン「VJM02」を発表した。

フォース・インディア VJM02は、マクラーレン・メルセデスとの提携により、メルセデスエンジン、マクラーレンのギアボックスやKERSを搭載するを搭載する。

カラーリングもVJM02とは大きく異なり、インドのナショナルカラーであるオレンジとグリーンがフィーチャーされている。ドライバーのレーシングスーツもオレンジのカラーリングに変更となった。

ジェンソン・バトン、報酬カットに同意

2009年2月28日
ジェンソン・バトン
ジェンソン・バトンは、旧ホンダF1チームが存続した場合、報酬を半分に減額することに合意した。

旧ホンダF1にチームは、これまで様々な噂が飛び交っているが、ロス・ブロウンによるマネジメント・バイアウトに落ち着くとみられている。

しかしその場合、700名いるブラックリーのスタッフの300名が解雇され、ジェンソン・バトンは、契約済みの1,500万ドル(約14億6500万円)の報酬の半分を自主的にカットさせるという。

ウィリアムズ、FW31のカラーリングを正式発表

2009年2月28日
ウィリアムズ FW31
ウィリアムズは、2009年を戦うFW31の正式カラーリングを発表した。

カラーリングよりも注目なのが、コックピットの両側に垂直に立てられたフィン。「エイのヒレ」と呼ばれているこのフィンは、狭くて高い2009年仕様のリアウイングへの気流を改善するために設計された。

フロントノーズも発表時より高くて細いノーズが採用されている。

ホンダの新チーム名は“ブラックリーF1”が有力

2009年2月27日
ホンダの新チーム名はブラックリーF1?
旧ホンダF1チームは、「ブラックリーF1」というチーム名で2009年に並ぶことになりそうだ。

報じられたところでは、旧ホンダF1はブラックリーF1として5日(木)にまっさらなカラーリングの2009年マシンをシルバーストンでシェイクダウンするという。またシェイクダウンは、ジェンソン・バトンが担当することをチーム内部の人間が明らかにしている。

いまだ正式発表がない旧ホンダF1だが、ロス・ブラウンによるマネジメント・バイアウトが本田技研の役員会にて承認されたとされている。

F1ドライバー、スーパーライセンス料の支払いに同意

2009年2月27日
F1ドライバー
F1ドライバーは、FIAとの論争を避けるためにスーパーライセンス料を支払うことに決めたようだ。

F1ドライバーは、2008年に行われたスーパーライセンス料の大幅な値上げに不満を抱いており、ドライバーの組合であるGPDAは、メンバーに対してライセンス料の支払いを保留するよう呼び掛けていた。

報道では、全ドライバーがライセンス料の支払いに同意しており、すでに6名のドライバーがチームに申請を済ませているという。まだスーパーライセンスを申請していないドライバーも来週中には手続きが完了するという。

ブリヂストン、2009年F1序盤戦のタイヤスペックを発表

2009年2月27日
ブリヂストン F1 タイヤ
ブリヂストンは、2009年F1の開幕戦から第5戦までのタイヤスペックを発表した。

スリックタイヤが復活する2009年、ブリヂストンはタイヤの組み合わせを変更。スーパーソフト/ソフト/ミディアム/ハードの4種類を用意することに変わりはないが、去年までのように連続した2種類のコンパウンド(スーパーソフトとソフト)ではなく、ワーキングレンジの異なる2つのコンパウンド(スーパーソフトとミディアム)を1レースで使用することになった。

ブリヂストン、タイヤ識別用に緑色のラインを使用

2009年2月27日
ブリヂストン スリックタイヤに緑色のライン
ブリヂストンは今年、2つのコンパウンドを区別するために、タイヤのサイドウォールに緑色のラインを使うことを明らかにした。

溝付きタイヤが使用されていた昨年までは、ソフト側のタイヤの溝に白線をペイントすることで異なるタイヤを示していた。

しかし、スリックタイヤが復活する今年はその方法が不可能なため、代わってソフト側のタイヤのサイドウォールに緑色のマーキングが施されることになった。

USF1、秋までにF1マシンを準備

2009年2月27日
USF1、秋までにF1マシンを準備
USF1のチーム代表であるケン・アンダーソンは、USF1の初F1マシンを秋までに組み立て、来シーズンの冬季テストが解禁となる1月にトラックデビューさせたいと考えている。

元リジェとオニキスのテクニカル・ディレクターを務めたケン・アンダーソンは、USF1のF1へのエントリーのスケジュールは、来月になればより明らかになると語っているが、彼らが2010年シーズンのスタートに備えるのは十分に時間があると確信している。

ホンダ、ヴァージンの提案を拒否

2009年2月26日
ホンダ F1
ホンダは、ヴァージンの買収提案を拒否し、ロス・ブロウンによるマネジメント・バイアウトを受け入れるという。

ホンダF1チームの選択肢は、リチャード・ブランソン率いるヴァージン・グループ、ロス・ブロウンによるマネジメント・バイアウト、そしてF1チーム解散の3つとされてきたが、日本の複数の情報筋によると、ホンダはヴァージン・グループの買収を拒否したという。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 15 | 16 | 17 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム