2007年03月のF1情報を一覧表示します。

第1戦:オーストラリアGP 決勝

2007年3月18日
第1戦:オーストラリアGP 決勝
2007 FORMULA 1 ING Australian Grand Prix - Melbourne

1位 キミ・ライコネン (フェラーリ)
「最高の勝利だ!レースは、実は外から見るほど簡単ではなかった。スタートしてすぐに無線が壊れてしまい、ピットと話すことができなくなってしまったんだ」

第1戦:オーストラリアGP 予選

2007年3月17日
第1戦:オーストラリアGP 予選
2007 FORMULA 1 ING Australian Grand Prix - Melbourne

1位 キミ・ライコネン (フェラーリ) 1'26''072
「素晴らしい予選だったが、フェリペは残念だった。僕たちのマシンは、1周よりレースの方がより競争力があると思う」

スーパーアグリ、SSユナイテッドとスポンサー契約

2007年3月16日
スーパーアグリ SSユナイテッド
スーパーアグリは、SSユナイテッド(SS UNITED GROUP Oil & Gas Co.,Ltd.)とのチームスポンサー契約を発表した。

SS UNITED GROUP Oil & Gas Co.,Ltd.(SUG)は中国、ロシア、日本、タイやマレーシアに石油製品や先進エネルギー技術を供給する大規模なネットワークを持つ石油貿易会社だ。SUGは香港に拠点を置き、SS UNITED Oil & Gas Co.,Ltd.(SUC)と1996年に設立されたタイの投資会社であるSaha Reagal Best Company Limitedとの間の合弁会社であり、タイとインドシナ半島の主要なインフラストラクチャー事業の発展に取り組んでいる。

佐藤琢磨:Q&A

2007年3月14日
F1
2007年3月14日
Albert Park Circuit, Melbourne Australia

今シーズンに備えたウインターテストのSAF1 チームの成果には満足していますか?
「昨年に比べると、本当に長いウインターテストだったね!技術面では好調だったけれど、何でもそうだがぼくたちは要求が多いので、準備時間が十分などということはあり得ない。とは言うものの、今のチームの状況を考えると、これまでの進歩にはとても満足しているし、マシンの開発状況やチームの雰囲気にも満足している。」

アンソニー・デビッドソン:Q&A

2007年3月14日
F1
2007年3月14日
Albert Park Circuit, Melbourne Australia

今シーズンに備えたウインターテストでのSAF1チームの成果には満足していますか?
「とても満足している。信頼性もぼくたちに味方したし、テストでレッドフラッグの状況を招くようなことはこれまで一度も起きていない。それは本当に良かったと思う。他のチームはテストを中断するような事態を何度も引き起こしていたからね。特にまだ早い段階なので、これはぼくたちに有利なことのひとつだと思う。ブリヂストン・ポテンザタイヤでの作業も大きく前進した。最初は気温が低くて、グリップも低かったので、ぼくたちのチームも含めて誰もが苦しんでいたが、ぼくたちはその状況を抜け出すことができた。今は前よりもずっと快適に運転することができる。ぼくは新しいタイヤに合わせて、少しドライビングスタイルを変える努力をした。パドックの誰もが同じような状況だったと思う。」

マーク・プレストン:Q&A

2007年3月14日
F1
2007年3月14日
Albert Park Circuit, Melbourne Australia

マーク・プレストン:SAF1チーム テクニカルディレクター

グラハム・テーラー:Q&A

2007年3月14日
F1 グラハム・テイラー スーパーアグリ
グラハム・テーラー:SAF1チーム スポーティングディレクター

2007年のコース上のオペレーションで最も重要なポイントは新たにワンメイクとなったブリヂストン・ポテンザタイヤを理解することだと思いますが、ウインターテストでの様子を教えてください。
「2007年仕様のブリヂストン・ポテンザタイヤを理解し、性能を十分に引き出すという意味では非常に順調なスタートを切ることができたと思う。SUPERAGURIF1TEAMは参戦初年度にブリヂストンと強固な関係を築くことができたので、今はその恩恵を受けている。」

ロバート・クビサ:Q&A

2007年3月2日
ロバート・クビサ F1
あなたがドライバーとしてのキャリアをスタートさせた際、誰がもっとも援助してくれましたか?
「それは間違いなく、僕の両親さ。彼らのことはとても誇りに思っているし、両親が僕のためにしてくれたすべてのことに心から感謝している。若い時には、多くの物事を決定するのは難しい。だから、いろんな面で両親に頼るしかない。僕のお父さんとお母さんは、僕がすることを常に受け入れて、サポートしてくれた。8歳から10歳にかけて、僕はレーシングカートの練習を一生懸命にした。でも故郷のクラクフにはカート用のサーキットがなかったので、僕たちはレースをするために、いつも150kmも移動しなければならなかった。父は貴重な時間とお金を僕のために費やしてくれたんだ。」

ニック・ハイドフェルド:Q&A

2007年3月2日
ニック・ハイドフェルド
あなたにとってファンの存在はどれぐらい重要な存在ですか?
「まさに重要な存在さ! 僕には最高に素晴らしいファンクラブがある。みんなの雰囲気がとってもいい。でも人々が想像するほど、僕が中心のファンクラブというわけではないよ。もちろん僕のファンクラブだけど、みんなが一緒に楽しめるようになっている。すごくリラックスした雰囲気だしね。僕たちは一緒にカートに乗って、パーティーをするんだ。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム