アントニオ・ジョビナッツィ 「金絡みでF1シートを失ったのは僕だけじゃない」
アントニオ・ジョビナッツィは、自分のF1シートを奪ったと感じているF1の財政面を再び非難した。

アルファロメオF1は、2022年のF1ドライバーとして豊富な資金を持ち込んだとされる中国人の周冠宇の起用を決定。ジョビナッツィは2021年がチームとの3年目で最後のシーズンとなった。

アントニオ・ジョビナッツィは、2023年のF1復帰を目指しており、フォーミュラEでレース感を維持しながら、フェラーリのリザーブドライバーとしてF1バドックに参加する。

アルファロメオF1のチーム代表を務めるフレデリック・ヴァスールは、周冠宇を起用するという選択には金銭面も要因だったことを明らかにしており、アントニオ・ジョビナッツィは「お金が支配するとF1は冷酷になる」と皮肉り、不満を爆発させていた。

アントニオ・ジョビナッツィは、F1ではお金が才能を打ち負かすという自身の思考プロセスを変えることができることを望んでいると語る。

「ほぼ負けが見えていた挑戦だった。それはこのスポーツの悪い状況だ。残念ながら、常にそんな感じだった」とアントニオ・ジョビナッツィはCorriere della Seraのインタビューで語った。

「今後、自分の考え方を変えることができることを望んでいる」

アントニオ・ジョビナッツィは、周冠宇は「幸運だ」として中国の支援を受けていることを指摘。「たとえ、彼が自分でF1スーパーライセンスポイントを獲得したとしてもね」と語った。

「現在、チーム全体の財務方針を決定するドライバーがいる。でも、それが原因で職を失ったのは僕だけではない」

アントニオ・ジョビナッツィが、自分の将来について噂されるのは初めてのシーズンではなかった。実際、アルファロメオF1在籍中にそのような噂は常に付きまとった。

しかし、アントニオ・ジョビナッツィは、今回はすべての話を無視するのがより困難だったと認める。

アルファロメオF1からそのニュースを聞かれたときの反応について質問されたアントニオ・ジョビナッツィは「失望だった。非常に困難な数か月間だった」とコメント。

「僕についての噂はどんどん大きくなっていた。いつも、そういった噂を自分の心から遠ざけようとしていたけど、今回は簡単ではなかった。だから、僕は自分の反応に満足している。堂々とF1を離れるよ」

アントニオ・ジョヴィナッツィの将来が正式に発表されるまでにはしばらく時間がかかったが、ジョビナッツィとチームの間の緊張が明らかに高まっていたという事実は、シート喪失をばらしてしまっていた。

特にF1メキシコGPでは、アントニオ・ジョビナッツィは、チームのレース戦略を激しく批判した。

とは言えば、アントニオ・ジョビナッツィは、チーム内での反感を感じていたかとの質問には対して、これ以上の批判は望まなかった。

「なぜ彼らはそんなことする必要がある? 訳が分からないし、考えたくない。目的はできるだけ多くのポイントを持ち帰ることだった」とアントニオ・ジョビナッツィはその理論に答えた。

「メキシコでは鬱憤を晴らした。僕たちにふさわしいものが得られなかったことを残念に思った。でも、もうそれは問題ではない」

もちろん、アントニオ・ジョビナッツィにとって、F1時代のハイライトのいくつかを振り返ることは重要だが、まだ終わっていないことを望んでいると語る。

F1での最高の瞬間について質問されたアントニオ・ジョビナッツィは「2017年のメルボルンでのデビューだ」と語った。

「僕はリザーブドライバーだった。彼らは土曜日の朝に僕をマシンに乗せてくれた。僕はトラックを知らなかった」

「それと2019年のモンツァでの最初のグランプリかな。そして、ジェッダでの2021年の最後から2番目のレースだ。私はすでに切り捨てられていたにもかかわらず、ポイントを獲得した。良いサインだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオF1