アントニオ・ジョビナッツィ 「今年はライコネンを倒さなければならない」 / アルファロメオF1
アルファロメオF1のアントニオ・ジョビナッツィは、今年チームメイトのキミ・ライコネンを倒すことができなければ、自分のF1キャリアを失う可能性があると認める。

フェラーリのサポートを受けて、昨年アルファロメオF1で初のフルシーズンを戦ったアントニオ・ジョビナッツィだが、チームメイトに匹敵するパフォーマンスを示すことができなかった。

2007年のF1ワールドチャンピオンであるキミ・ライコネンの43ポイントを獲得したのに対し、アントニオ・ジョビナッツィはわずか14ポイントしか獲得でいなかった。

アントニオ・ジョビナッツィは、今年は腕を上げる必要があると認識していると語る。

「僕の夢を続けていくには、今年、キミ(ライコネン)を倒さなければならない」とアントニオ・ジョビナッツィは Blick に語る。

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、アントニオ・ジョビナッツィが2020年の序盤に伸び悩んだ場合、シーズンが終了する前にシートを喪失する可能性があると考えている。

「ミック・シューマッハにはアルファロメオF1に加入する良いチャンスがあると思う」とニック・ハイドフェルドは Sky Deutschland に語った。

「金曜日のプラクティスだけでなく、レースにもね」

F2ドライバーのミック・シューマッハは、フェラーリのドライバーアカデミーで次のチャンスを持っている。

「昨シーズンの初めのように、ライコネンの影に隠れるような場合、ジョビナッツィはこまった状況に陥る可能性がある」とニック・ハイドフェルドは語る。

「ミックはF1カーを運転することができるし、多くの人が考えるより早くにチャンスを得ることになるかもしれない」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アントニオ・ジョビナッツィ / アルファロメオ・レーシング