マイケル・アンドレッティ 「F1はお高くとまったヨーロッパのクラブ」
マイケル・アンドレッティは、アンドレッティのF1プロジェクトに対する既存F1チームの“スノビッシュ(お高くとまった)”な態度は、F1が依然として「ヨーロッパのクラブ」であり、他のチームを「脅威」と見なしていることを示していると語る。

また、マイケル・アンドレッティは、Netflix Drive to Surviveシリーズがアメリカのファンベースを恒久的に獲得するのに十分であると考えるなら、それはF1の自己満足だと感じている。

2024年に新F1チーム『アンドレッティ・グローバル』としてF1参戦を目指すマイケル・アンドレッティは、GQ magazineの父マリオとの共同インタビューに登場した。

「この国には3億5000万人の人々がいることを彼らに思い出せたい。確かにDrive to Survive,によってここでの関心は急上昇しているが、彼らは現状に満足すべきではない」とマイケル・アンドレッティは語った。

「我々は表面をすくい取っているにすぎない。彼らは新しいファンの興味を引き付けたが、ファンは少し気まぐれだ。彼らは今、アメリカにオーディエンスがいると確信している。しかし、将来それらを維持するためにはフックが必要だ。そして、我々はそのフックになることができると感じている」

「私たちは真のアメリカのチームだ。真のアメリカ人ドライバーを起用している。実際に国に根付くためのものがある。それが、彼らが今得たばかりのファンを維持するために我々の価値が本当に強くなると思っている部分だ」

昨年、アルファロメオF1チームを買収してF1に参入しようとした試みが崩壊した後、、アンドレッティ・グローバルというまったく新しいチームで2024年にF1グリッドに勧誘する計画が浮上した。

アンドレッティはその提案についてFIA(国際自動車連盟)に書類を提出したが、シリーズに招待されることが近づいていうようには見えまない。

現在のF1チームは、チャンピオンシップが現在運営されているフランチャイズモデルを考えると消極的だ。つまり、11番目のチームが既存の10の賞金基金のシェアを食いつぶすと考えており、また、追加のチームに対するF1の好みは、アンドレッティではなく、アウディのファクトリーチームだ。

F1には、すでにハースF1チームというアメリカのチームがある。英国の拠点から運営されているが、公式の本社は、オーナーのジーン・ハースのスチュワート・ハース・レーシングが拠点を置くカナポリスの施設だ。

アンドレッティも、F1チームのためにヨーロッパの運営拠点を計画していると理解されている。

マイケル・は1991年にチャンピオンを獲得したCARTインディカーからマクラーレンF1チームに加わったが、1回の表彰台フィニッシュを達成しただけで、インシデントに満ちたシーズンが最終戦を迎える前にドロップされた。

「間違いなくヨーロッパのクラブだった」と1993年のF1についてマイケル・アンドレッティは語った。

「そして、我々が扱われている方法は、それがまだヨーロッパのクラブであると感じている。我々が脅威になるからだ。最初のリアルな国際チームだ」

「それが彼らが取っている非常にお高くとまったアプローチだ。最終的には、我々は奪うよりも多くの価値をもたらすだろう」

1978年のF1ワールドチャンピオンである彼の父マリオ・アンドレッティは「私はあらゆるコネックションを持っている。そして、私には利己的な考えがない。 マイケルにはそれがある。そして、そのいくつかは彼を助けない」とコメント。

「残念ながら、彼はドライバーとして、本当にネガティブな経験をした。 彼は間違いなく最悪の時期に最高のチームに加わった。そして、状況は・・・」

マイケル・アンドレッティは、5月のマイアミグランプリでF1チームのサポートを得るためにF1パドックを見学した。だが、これまでのところ、アンドレッティのF1計画を公に支持しているのはマクラーレンとアルパインだけであり、どちらもある程度の既得権を持っている。

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンはエクストリームEとスーパーカーのアンドレッティ・ユナイテッドでアンドレッティと提携しており、アルピーヌF1チームはルノーブランドを介してアンドレッティにF1エンジンを供給する。

マイケル・アンドレッティは、彼の参入を支持するF1チームの数はそれよりも多いが、グリッドの約半分が抵抗していることを認めたと述べた。

「我々のコーナーに4~5チームがいるのは間違いない。だが、他の人たちは手を差し伸べながらも『我々はそれから何を得られるのか?』と言っている』とマイケル・アンドレッティは語った。

「それがすべてだ。そして。それらはすべて近視眼的だ。私は『分かった。あなたは今それを得ることができる。だが、我々が未来にもたらすことができると考えるものはどうか?』と言ったが、彼らはそれを気にしていない」

「彼らはシリーズのことを気にしていない。。彼らが気にしているのは自分自身だけだ。しかし、それはF1のやり方であり、常にそうだった」

メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、アンドレッティの最も声高な反対者の1人であり、F1に付加価値をもたらすことを証明するためにさらに多くのことを行う必要があると述べている。

マイケル・アンドレッティは、トト・ヴォルグが政治的な影響力を失うことへの懸念のカバーとして賞金の希薄化を使用していると信じている。

「彼はそれを言い訳として使っている」とマイケル・アンドレッティは語った。

「しかし、彼はそれを見て『私は1票少なくなる。それは私に反対するもう1つの投票になるだろう』と考えている。それは彼が考えている方法だ」

「私はここで何を行われているのかをほぼ知っていた。サメと一緒に泳いでいる。だから、銛を持っていることを分かっている。私はそれについてナイーブではない」

「私がドライバーだった頃は、おそらくナイーブだったが、おそらくその経験をしたことで、今はナイーブではない。誰もがナイフを持っていて、後ろから刺す準備ができている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アンドレッティ