マリオ・アンドレッティ、メルセデスF1代表の発言は「無礼」
F1レジェンドのマリオ・アンドレッティは、アンドレッティチームがF1に貢献する可能性を却下したトト・ヴォルフを非難した。

1993年にマクラーレンからF1参戦し、現在は米国で確立されたモータースポーツ帝国を率いるマリオの息子マイケル・アンドレッティは、リバティメディア、FIA(国際自動車連盟)、そして、既存のF1チームに彼のチーム『アンドレッティ・グローバル』のF1参入にゴーサインを出すよう説得しようとしている。

しかし、メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、アンドレッティの参入に反対であることを秘密にしておらず、11番目のF1チームは単に「他のすべての人にとって10パーセントの希薄化」を意味すると主張している。

1978年のF1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティによると、最近マイアミでトト・ヴォルフと直接話をしたが、無礼に退けられたと語った。

「トト・ヴォルフは我々の信頼性について非常に率直に話した」とマリオ・アンドレッッティはAuto Motor und Sportに語った。

「しかし、彼はそれとは異なる方法で私に話している」

「我々は彼よりもずっと長い間モータースポーツに積極的に取り組んでおり、公の批判は非常に軽蔑されていると思う。私はこれまでの彼の成功を尊重しているが、彼が我々を軽蔑する理由はない」

マリオ・アンドレッティは、特にアンドレッティ・グループがF1で成功することについての真剣さを証明することができていないとするトト・ヴォルフの提案に反撃した。

「FIAは我々に非常にオープンであり、我々はすべての要件を満たしている」とマリオ・アンドレッティは語った。

「今、我々は、彼らが我々を入れるためにチームに支払うための費用がどれくらいかを与えるのを待っている」

「我々はそれが2億ドルの範囲にあることを知っている。彼らはもっと欲しがるかもしれないが、我々はまだフィードバックを待っているところだ。私にとって、それは少し不合理だがね」

「バーニー(エクレストン)とは違うだろう。チームに言い過ぎる自由を与えている」

それにもかかわらず、アンドレッティの準備は舞台裏で続けられており、米国と英国のベース間の輸送計画、ルノーのエンジン契約、そしてアメリカン陣ドライバーとしてのコルトン・ハータが含まれている。

「彼らは常に我々がどのように競争力を持ちたいかを我々に尋ねてくる」とマリオ・アンドレッティは語り、グループがF1チームのエントリーに値するかどうかを疑問視する人々を批判し続けた。

「私は『それを我々の問題にしてくれ!』と言う。我々の準備のとなどを知らないからね」とマリオ・アンドレッティは続けた。

「我々は新しい人を雇う必要はない。我々には必要な知識を持った経験豊富な人材がいる」

「財務面では、プロジェクトの規模を認識している信頼できるパートナーがいる。我々が望んでいるのはそれだけであり、我々は長い間プログラムを計画してきた」

「我々はもっと尊敬に値する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アンドレッティ / メルセデス