アンドレッティ、アルピーヌF1との“ハース-フェラーリ型”の連携は不可能?
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、同チームがフェラーリと密接に技術提携を結んでF1に参戦したときのように、マイケル・アンドレッティがアンドレッティ・グローバルをアルピーヌF1チームと連携させることを計画しているという噂にケチをつけた。

ハースF1チームは、2016年にフェラーリの助けを借りてF1に参戦。最初からフェラーリと提携し、可能な限りすべてのパーツを購入するだけでなく、風洞も利用した。

ライバルチームは、フェラーリのカスタマーカーだと非難したが、2016年シーズンにむけて準備をしていた段階ではテスト規則によって制限されることはなかった。

ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ハースのモデルを擁護し、ルールではもはやそのモデルは許可されていないと述べた。

「過去10年間にこのスポーツに参加したチームのうち、残っているのは1つだけだったので、我々はそれを熟考し、まったく異なるアイデアを思いついた」とギュンター・シュタイナーは2015年後半に述べた。

「最近の過去がもう同じことがうまくいかないことを示しているなら、もう同じことをすることはできない」

ハースF1チームは、F1初年度でコンストラクターズチャンピオンシップで8位に終わり、チームは印象的な29ポイントを獲得した。

ハースF1チームは、フェラーリとの緊密な関係を維持しており、今年のVF-22は「モビーディック(白鯨)」と呼ばれ、専門家は白いフェラーリと呼んでいる。

アライアンスは依然として強力であり、F1グリッドで11番目のチームになることを申請したアンドレッティは、アルピーヌF1チームと同様の関係を望んでいると言われている。

アンドレッティは、すでにルノーがF1カーにパワーユニットを供給する好ましい選択肢であることを明らかにしているが、 Auto Motor und Sportは、アンドレッティがアルピーヌとのハース-フェラーリ型のパートナーシップを望んでいると主張している。

「マイケル・アンドレッティは、彼が誰と協定を結びたいのかを秘密にしていない」とAuto Motor und Sport のマイケル・シュミットは報告した。

「59歳のアメリカ人は、アルピーヌのパビリオンで毎日彼の金融業者やパートナーと一緒に座って、ルノーのCEOであるルカ・デメオ、アルピーヌのボスであるローラン・ロッシ、チームディレクターのオトマー・サフナウアーと何時間も話し合っている」

「アルピーヌは、これをフェラーリとハースのようなアライアンスの機会と見なしている。相互利益のためにね。アンドレッティがルノーエンジンを使用する2番目のチームになるというだけでも役に立つ」

ただし、これには問題がある。

「白紙の紙から始めるとき、アンドレッティはハースの原則を採用することができるが、もはや詳細を知ることはできない」とマイケル・シュミットは付け加えました。

「ルールはいくつかの重要な点が変更されました。

「当時、ハースはフェラーリが2015年のビギナーに前年モデルを説明資料として提供したという事実からまだ恩恵を受けていた」

グyンター・シュタイナーは、アンドレッティが直面しなければならない他のいくつかの問題を、ハースは直面しなかったとを指摘した。

「当時、我々はまだ始動段階で風洞の無制限の使用を許可されていた。それに予算上限もなかった」とギュンター・シュタイナーは語った。

「現在関与している人は誰でも、風洞、CFD、および予算のすべての人に適用される規則に従わなければならない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アンドレッティ / ルノー / アルピーヌ