アルピーヌF1代表 「ピアストリの謀反のおかげでより速いガスリーを獲得」
アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーは、オスカー・ピアストリがチームに謀反を起こしてくれたおかげで、より速いドライバーであるピエール・ガスリーを獲得できたとし、すべてのことを考慮して利益を得たと考えている。

昨年の夏、アルピーヌF1チームは当初、フェルナンド・アロノスのアストンマーティンへの衝撃的な移籍の発表を受けて、2023年のにオスカー・ピアストリをレースシートに昇格させることを発表した。

しかし、当時アルピーヌF1チームは知らなかったが、オスカー・ピアストリはすでにマクラーレンと契約を結んでいた。

アルピーヌF1チームはFIA(国際自動車連盟)の契約承認委員会(CRB)に異議を唱えたが、CRBはマクラーレンとのオスカー・ピアストリの契約が有効であると宣言し、アルピーヌは最終的に負けた。

その後、アルピーヌはピエール・ガスリーのサービスを確保することに照準を合わせ、アルファタウリで彼を起用していたるレッドブルからゴーサインを得ることに成功した。

「オスカーが我々と契約を結んでいたが、契約承認委員会が違うことを言ったことは、我々が経験しなければならなかったプロセスだったと考えている」とオスカー・サフナウアーはコメントした。

「我々はCRBに行って解決しなければならなかった。ご存知のように、それが人生だ。だからこそ、双方が異なる考えを持っているかどうかを判断する機関がある」

「我々が来年どうなるか見てほしい。エステバン(オコン)とピエールとのドライビングペアリングは、その訴訟に勝った場合よりも良くなっていることを嬉しく思う」

「ガスリーの方が経験豊富でまだ若い。時間が経てばわかるが、もっと速くなると考えている」

エステバン・オコンとピエール・ガスリーをペアにするというアルピーヌF1チームの意図は、2人のドライバーの間に存在した不仲を考えると、当初はかなりの懐疑論に直面した。

しかし、2人がカートで火花を散らしていた頃から多くの年月が過ぎており、両ドライバーは最近、アルピーヌF1チームで一緒に働くことができると述べている。オトマー・サフナウアーは両者を信用している。

「彼らの言っていることが真実であることを願っているし、私はそう信じている」とオトマー・サフナウアーは語った。

「2人と話をしたが、2人とも同じことを言っている」

「ピエールよりもエステバンとよく話した。彼の方が知っているからね。『これはあなたの友情を再燃させる機会だと思うか?』と尋ねた。彼は『無理なことなんてない。何が起こるか見てみよう』と言っていた。彼は間違いなくそれに対してオープンだ」

「ピエールには同じ質問をしていないが、彼らが再び友人になったり、プロとして一緒に仕事をしたりすれば、そのフィット感は他の2人のドライバーと何ら変わりはない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ピエール・ガスリー / オスカー・ピアストリ