ジャック・ドゥーハン 「レッドブルF1からアルピーヌへの移籍は最高の決断」
ジャック・ドゥーハンは、2024年のF1レースシートを目指しているおり、レッドブルからアルピーヌのF1ジュニアチームに移籍するという決定は「僕のキャリアの中で最高のもの」だったと語っている。

ジャック・ドゥーハンは、以前はレッドブルのジュニアチームに所属していたが、2022年シーズン前にアルピーヌと提携し、Virtuosi Racing でF2 にステップアップした。

ジャック・ドゥーハンは初のF2フルシーズンでポールポジション3回、優勝3回を記録し、総合6位でフィニッシュした。

オスカー・ピアストリがマクラーレンに移籍するという決断を下したことにより、アルピーヌはメキシコシティとアブダビでのFP1でヤングドライバーの要件を満たすためにジャック・ドゥーハンを起用し、アブダビでのポストシーズンテストでもA522を運転した。

「僕がいた場所にに留まっていたら、2回のFP1に出走したり、F1カーを運転したこのポジションには絶対にいられなかっただろう」とジャック・ドゥーハンは語った。

「僕はチームに非常に投資されていると感じている。彼らは僕のことを非常によく扱い、多くのことを教えてくれた」

「自分の決断に満足している。これまでのキャリアで最高の決断だったと思う。来年のF1シートにかなり近づいたし、それは非常に素晴らしいことだ」

ジャック・ドゥーハンは、2023年にアルピーヌの公式リザーブドライバーを引き継ぐことには気が進まないことを示唆した。

「F1のすべてのレースに来て、そこに座っていることはできるけど、マシンに飛び乗る可能性は低いので、F2へのコミットメントから少し時間を犠牲にしてしまうだろう」

「僕はF2に完全に集中して、チームのためにできることすべてを引き出して、うまくいけば2024年、あるいは2025年にフルタイムのドライバーの役割を担うことができることを望んでいる」

「僕はアルピーヌに多くの自信を持っているし、信頼している。まずチャンピオンシップに勝たなければならない。計画通りに進んだ場合、僕たちはそれを達成できると確信している。そして、もし僕が座って1年待つ必要があるとしても、アルパインのシートを待って、彼らと一緒に成長し続けたいと思っているので、それで問題ない」

「(2024年に)レンタルされる可能性があれば素晴らしいけど、それは将来のことであり、決定されることになる. 勝って結果を出すことができれば、それは自然にうまくいくだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / レッドブル