アルピーヌF1チーム、オスカー・ピアストリ提訴は「90%以上確実」
アルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーは、育成ドライバーとして投資してきたオスカー・ピアストリが2023年にチームのF1ドライバーになることを拒否した場合に提訴する可能性は「90%以上」だと語る。

フェルナンド・アロンソが、2023年にアストンマーティンF1への電撃移籍を発表した後、アルピーヌF1チームは、リザーブドライバーを務めるオスカー・ピアストリが後任としてシートを引き継ぐことを発表した。


しかし、オスカー・ピアストリは、すでに2023年にマクラーレンでレースをする契約を結んでいる可能性が高く、アルピーヌF1チームでドライブすることを拒否している。

アルピーヌF1チームは、ジュニアドライバーとして投資してきたオスカー・ピストリには、契約上、2023年にチームでドライブする義務があると考え問えり、オトマー・サフナウアーは、パリの取締役会から、ピアストリ自身が2023年にアルピーヌのシートに加入しないことを選択した場合、チームは補償を求めことになると語った。

FIA 契約承認委員会 (CRB) は、両方の契約 (アルピーヌとピアストリ、マクラーレンとピアストリ) が有効であると宣言したように見える今、法廷闘争が進行中のようだ。

オトマー・サフナウアーは高等裁判所に出廷することは、90%以上確実だ」とReutersにコメント。

「理想的には、アルピーヌはCRBがピアストリとマクラーレンの間の契約の有効性を否定することを望んでいるが、もう 1 つのオプションはチームへの補償だ。結局、アルピーヌは若い才能に多額の投資を行ってきた」

オトマー・サフナウアーは、2 番目のオプションについて次のように説明した。

「最終的にCRBがアルピーヌとの契約のみが有効であると言い、ピアストリが『それはいいが、僕は彼らのために運転するつもりはない。1年待つつもりだ』と考えた場合、我々は補償を求めて戦うだろう」

オトマー・サフナウアーは、以前の声明に加えて、オスカー・ピアストリへの投資額についてはまだ理解していないと付け加えた。

したがって、マクラーレンとピアストリの間の契約が実際に有効であると宣言する裁定が下された場合、アルピーヌは確実に上訴するだろう。そして、その上訴に備えて出資額を明らかにされる。

アルピーヌが訴訟に持ち込まれない唯一の方法は、アルピーヌF1チームの望み通り、2023年にオスカー・ピアストリがチームのためにドライブすることだ。

だが、その後、マクラーレンが判決に異議を申し立てることを選択する可能性がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ