アルピーヌF1チーム 「オスカー・ピアストリには2023年の契約義務がある」
アルピーヌF1チームの代表であるオトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソの離脱によりレースシートが利用可能になった後、オスカー・ピアストリが2023年にチームのために運転することを契約上義務付けられていると主張している.

セバスチャン・ベッテルのF1引退、フェルナンド・アロンソのアストンマーティンF1移籍により、アルピーヌF1チームには空席ができたが、チームがレースシート昇格を発表した数時間後、オスカー・ピアストリは契約は結んでいないと主張する声明を発表した。

昨年、初挑戦でF2でタイトルを獲得したオスカー・ピアストリは、2022年にフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンがすでにアルピーヌF1チームのシートを埋めていたため、レースシートを見つけることができず、リザーブドライバーとしての役割を受け入れ、2023年のF1デビューを目指すことを決断した。

アルピーヌF1チーミムは、2023年にフェルナンド・アロンソをもう1年キープし、オスカー・ピアストリをウィリアムズF1チームに1年間ローン移籍させる計画だった。

だが、フェルナンド・アロンソの予期せずアストンマーティンF1移籍により、アルピーヌF1チームに空席ができた。

しかし、オスカー・ピアストリと彼のマネージャーであるマーク ウェバーは、マクラーレンに移籍する契約に合意したと理解されている。

オスカー・ピアストリが、マクラーレンとの契約を継続するのか、それともアルピーヌF1チームでドライブする義務を受け入れるのかは明確ではない。

アルピーヌF1チームが2023年の起用を発表し、オスカー・ピアストリが「走るつもりはない」と発表する前、オトマー・サフナウアーは以下のように語っていた。

オスカー・ピアストリの意向について質問されたオトマー・サフナウサーは「彼がマクラーレンと事前に取り決めをしているとしても、私はそのことには関与していない」とコメント。

「だが、ピットレーンでしているのと同じ噂を耳にする。だが、私が知っているのは、彼が我々に対して契約上の義務を負っているということだ。そして、我々はそれらの義務を一年中守ってきた」

「そして、これらの義務は、2023年まで続き、いくつかのオプションが採用された場合、2024年まで続く可能性がある」

「今年の彼に対する我々の義務は、リザーブドライバーになることであり、かなりの時間、昨年のマシンに彼を乗せることだった。来年のレースに備えて、昨年のマシンで 5000 km のプログラムの半分をはるかに超えているが、それは重要ではない」

「また、FP1、シミュレーション作業、そして、我々は両方の側でそれらの義務を果たしてきた。彼は実行してきたし、我々は実行してきた」

「したがって、我々は2023年の将来に向けて彼と法的契約を結んでいる。そして、オプションを行使できるとすれば2024年だ。彼がマクラーレンで何をしたかは知らない。言ったように、私はそれに関与していない」

オスカー・ピアストリまたは彼のマネジメントが、アルピーヌF1チームでレースをするつもりはないことを示しているかどうか質問されたオトマー・サフナウアーは「オスカーと彼の陣営は、それが何を意味するにせよ、選択肢を検討している」と語った。

まt、あオトマー・サフナウアーは、フェルナンド・アロンソのニュースが報じられて以来、マーk・ウェバーとはほとんど連絡を取っていないことを明らかにした。

「これは月曜日に起こったばかりだ。今は火曜日だ。彼のマネージャーはオーストラリアにいる。少し時差がある」とオトマー・サフナウアーは語った。

「しかし、私はマークを捕まえようとしているし、彼にいくつかのテキストメッセージといくつかの電子メールも書いている。ですから、少し時間がほしい」

「オスカーは我々の最有力候補です。そして、それが私たちがやろうとしていることだ」

オスカー・ピアストリが、ウィリアムズに配属されることに明らかに消極的だったことについて、オトマー・サフナウアーは次のように語った。

「すべてのレーシングドライバーが可能な限り最高のチームのためにドライブしたいと考えているのは事実だ」とオトマー・サフナウアーは語った。。

「そして、おそらくミッドフィールドチームのトップと、そこにいない誰かという選択肢を提示された場合、もちろん、将来的により良い可能性を秘めたチームを選択する。それは考慮事項だった」

「だが、F1でドライブすることを選択するのか、それとももう1年休むことを選択するのかを知っていれば、F1でドライブすることを選択するだろうと私は想像する」

そして、オトマー・サフナウアーは状況が変わったことを強調した

「フェルナンドがアストンに行くことを選択したことで少し明確になったので、オスカーの選択はミッドフィーールドをリードするチームとは対照的なウィリアムズのような他の場所に置かれることはない」とコメント。

「その選択が目の前の選択なら、私には理解できる。でも、そうではないならば、意味がわからなくないか?」

「私が言ったように、これを進める必要がある。これは昨日起こったことだ。今は火曜日だ。したがって、我々は座って、将来のドライバーラインナップがどうなるかを進めていく。そして、選択肢は変わらないと思う」

「ほんの数か月前にサインしたばかりの合意に全員が忠実であれば、我々は現在の合意を前進させることができるはずだ」

オトマー・サフナウアーは、アルピーヌがF1のためにオスカー・ピアストリを準備するために多額の資金とリソースを費やしてきたことを明らかにした。

「かなりの額の投資だ」とオトマー・サフアナウアーは語った。

「それは単なる金銭的投資ではなく、F1キャリアの成功という我々が望んでいるものに向けて彼を準備させるという感情的なものでもある」

「すべてのF1チームがアカデミー出身のドライバーのためにそうしているわけではないが、我々は彼を準備させるためにそうすることを選択した」

「そして、我々は彼が将来ここでレースをすることを視野に入れてそうした。彼がライバルチームのために準備することが目的だった場合、我々はそれをしなかっただろう」

AutoHebdo は、アルピーヌF1チームとオスカー・ピアストリで締結された事前契約は7月末に期限が切れたと伝えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / オスカー・ピアストリ