アルピーヌF1チーム、サイドポッドとフロアを大幅にアップデート / F1 イギリスグランプリ
アルピーヌF1チームは、F1イギリスグランプリでA522にサイドポッドとフロアを再設計した大規模なアップグレードを投入した。

サイドポッドには、サイドポッドの端とエンジンのボディワークの間にフェラーリ風の谷が作られ、トップボディが車の後部にダウンウォッシュ効果をもたらす、重要で目に見える改良が施された。フロアも、エッジに沿って多くのカットアウトを備えた新しい形状になっている。

アルピーヌF1チームは、シルバーストンに至るまでの数日間でアップグレードを完成させており、1セットは水曜日に終了し、もう1セットは木曜日に終了する予定で、トラックから約30マイル離れたエンストーン工場から輸送される。

その近接性がなければ、アルピーヌF1チームが2台分の新しいパーツをイギリスグランプリに間に合うように準備できなかったはずだ。予備のフロアも土曜日に到着するように設定されている。

「エンストーンの全員が、このレースに間に合うように、新しいフロアとトップボディを含む、かなり大規模なアップグレードパッケージを作成し、提供するために非常に懸命に取り組んできた」とアルピーヌF1チームの最高技術責任者のパット・フライは述べた。

「このアップグレードを準備することはチームの多大な努力だった。今シーズンこれまでのところ、車のアップデートの集中的な計画を維持してくれた関係者の功績を称えたい」

エンストンがシルバーストンに近いことについてエステバン・オコンは「僕たちはそれを最大限に活用した」と語った。

「ファクトリーの何人かの人と話した。彼らは、週末全体、一週間全体で、全開でノンストップで働いたと言っていた」

「パドックの誰もでそこまでのことをしたとは思わない。だから、今週末、それが僕たちに違いをもたらすことを願っている」

アルピーヌF1チームは、このアップグレードがコンストラクターズチャンピオンシップで4位のマクラーレンを倒すことに役立つことを願っている。

フェルナンドアロンソは、カナダグランプリの予選でウェットコンディションを利用して、ブロントローを獲得した。

「シミュレーションによってどれだけの効果が得られるかは、多かれ少なかれわかっています」とエステバン・オコンはアップグレードについて述べた。

「それは良いゲインだ。でも、疑問符は、そして、僕たちの誰も過小評価することはできないのは、他の人がどれだけのものを持ち込んでくるかだ。ウィリアムズから膨大な数の話を聞いている。たとえば、メルセデスも良いものを持ち込んでいると聞いている」

「僕たちは自分たちが何をしようとしているのかを知っているけど、周りの他のチームよりも優れたアップデートをもたらした場合、僕たちが立っている場所が重要になる」

アルピーヌF1チーム イギリスグランプリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / F1イギリスGP