アルピーヌ/ルノー、アンドレッティのF1参入を援護射撃
アルピーヌ/ルノーは、マイケル・アンドレッティがF1に11番目のチームとして参入するための努力を支持している。

リバティメディア、FIA、そして、既存のF1チームの少なくとも半分は、アンドレッティのF1参入についての熱意は鈍い。だが、マイケル・アンドレッティの元F1雇用主であるマクラーレンはアンドレッティの努力をサポートしてる。

マイケル・アンドレッティの父で、元F1ワールドチャンピオンのマリオ・アンドレッティは、今年後半にオースティンで開催されるF1アメリカGPで古いマクラーレンのF1マシンでデモ走行をする予定となっている。

マリオ・アンドレッティは、マイアミで彼の息子が2024年に彼の新しいチーム『アンドレッティ・グローバル』を承認するようにF1を説得することを決意していると語った。

アンドレッティF1が財政を含むすべての要件を満たすことができるかと質問されたマリオ・アンドレッティは「我々はそれを行うことができる」とAuto MotorundSportに語った。

「アメリカのチームとドライバーがいれば、関心は爆発するだろう」

「マイケルには長期的なプロジェクトに必要なものがすべて揃っている」

しかし、多くの既存F1チームは、11番目のチームがエントリーの価値を事実上に薄めるとして反対している。

当然のことながら、アルピーヌのCEOであるローラン・ロッシはアンドレッティF1の参入を支持しており、チームオーナーのルノーはF1エンジンサプライヤーになる契約を結んでいる。

「私はとても好意的です」とローラン・ロッシは語った。

「それは米国での拡大に沿っている。ショーに貢献し、米国への関心を直接生み出し、したがって収益を生み出すと思う」

「所得の希薄化を補うのに十分であることを実証する必要がある。直感? そうなると思うが、きちんと仕事をしよう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / ルノー / アンドレッティ