アルピーヌF1、フェルナンド・アロンソとイギリスGPから契約交渉を開始
アルピーヌF1チームは、フェルナンド・アロンソとの契約を延長する可能性について最初の話し合いの場としてシルバーストーンを指定した。

昨年、サバティカルに続いて2年間の契約でF1に戻った2回目のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(40歳)は、最近、さらに数年間はF1レースをすることを想定していると語っている。

友人であり仲間のスペイン人のペドロ・デ・ラ・ロサは、2022年の終わりにフェルナンド・アロンソが引退する可能性は非常に低いと考えている。

「引退したらとても驚くだろう」とペドロ・デ・ラ・ロサはDAZNに語った。

「彼は40歳だけど、肉体的には申し分のないし、いくつか最高のレースをしている。彼は体調が良く、熱心で、1日24時間4つの車輪のことしか考えていない」

「フェルナンドにはまだ3~4年残っていると思う」

しかし、フェルナンド・アロンソがアルピーヌF1チームに留まるかどうかは別の話だ。ルノーが所有するワークスチームは、F2チャンピオンのオスカー・ピアストリの昇格させることに熱心だ。

また、最近、フェルナンド・アロンソは、自分のせいであるとは思っていない一連の悪い結果に不満を感じている。

「もちろん、それは非常に苛立たしいことだ」とアルピーヌF1チームの代表を務めるオトマー・サフナウアーはスペインのASに語った。

「良い点は、パッケージが機能していることだ。したがって、残りの部分で一生懸命働くことができる」

オトマー・サフナウアーによると、それは新しいルノー製F1のエンジンは問題ではない。「フェラーリは誰よりも少し進んでいる」が、ルノーのF1エンジンは「ホンダとメルセデスに対してうまくやっている」と認める。

車に関しても、アルピーヌF1チームは進歩を決意している。

「ポーパシングによって、高速コーナーを解決するために低速コーナーを妥協しなければならない部分がある」とオトマー・サフナウアーは認めた。

「スペインには新しいパーツが入り、2レース後、さらに10レース目にはさらに多くのハーツが入る。開発の絶え間ない流れになるだろう」

それはフェルナンド・アロンソと新しい契約を結ぶのに十分かと質問されたオロマー・サフナウアーは、第10戦イギリスGPまで待たなければならないだろうと語る。

「我々はシルバーストーンから契約について話をしていく」とオトマー・サフナウアーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / アルピーヌ / フェルナンド・アロンソ